FUJIFILM XF35mm F1.4 R 1年使用レビュー。最初の単焦点レンズはこれで決まり【作例あり】

どうも、佐田真人(@mst727)です。

NikonのD750からFUJIFILMのX-Pro2に乗り換え、一年経ったいまも、変わらず愛用し続けているレンズがあります。

XF35mm F1.4 R。フルサイズ35mm換算で、約52mm相当の単焦点レンズです。

カメラを始めた当初からずっと使い続けてきた50mmという画角。僕にとってはすっかり馴染んだレンズで、ストリートスナップはもちろん仕事でも活躍しています。

今日は一年使用した「XF35mm F1.4 R」という、レンズの魅力と作例を、余すことなくお伝えしていきます。

XF35mm F1.4 Rを最初の単焦点レンズに選んだ決め手

もともと単焦点レンズの50mmの画角が好きだったことと、できればF1.8より明るいF1.4がほしかったこと。

そんな想いから、FUJIFILMに買い換えたら「XF35mmF1.4 R」にしようという気持ちが、ありました。だけど購入を決めたのは、いくつかのレンズを実際試し撮りしたとき。

XF35mm F1.4 Rを使ってる感覚がしっくりきたのと、圧倒的に切り取る画の雰囲気が好きだったこと。その場の空気感も綺麗に表現できる画づくりに感動したんです。

一年経ったいまも当時の感覚はそのままで、いまでも写した画を見て、笑顔になる自分がいます。ということで、使っていく中でとくに好きだなあと思ったポイントはこんな感じ。

◎おすすめポイント

  • 手のひらに収まるちょうどいいサイズ感
  • フードを含めた外観デザインのかっこよさ
  • 立体感のある表現力ととろみのあるボケ感

XF35mm F1.4 Rの特長(サイズ感・デザイン)

レンズの魅力や特長をお伝えする前に、まずは知っておきたい「XF35mm F1.4 R」の基本スペックを、書いておきます。

購入前に知っておきたい基本情報

  • 【焦点距離】35mm(フルサイズ35mm判換算:52mm相当)
  • 【絞り値】f16〜f1.4
  • 【最短撮影距離】28cm〜
  • 【質量】約187g(レンズキャップ・フード含まず)
  • 【フィルターサイズ】52mm
  • 【メーカー希望小売価格】81,000円(税別)

50mmといえば、人がなにかをじっと見たときの視野とほぼ同じ。撮る対象が決まっていれば、使いやすい距離感のレンズです。

最短撮影距離が28cm〜と、意外と寄れてしまうので、テーブルフォトも、すこし距離を保てばいけるのが便利。

価格は他のXFレンズと比べるとすこし高めですが、2018/8/23時点での新品の実勢価格は「52,300円」ほどです。

ちょうど良いサイズ感

Xマウントレンズの強みは、まずコンパクトなこと。NikonからFUJIFILMに乗り換えたときも、最初に感動したのが優れた携帯性。

カメラとレンズは軽ければ軽いほど、撮影しようという気にもなるし、普段から持ち歩きたい身としては、本当にありがたいんです。

その中でもXF35mm F1.4 Rは、手の中に収まるちょうど良いサイズ感。これは撮影していて心地よいわけです。元一眼レフ所有者からすると、レンズを2,3本持ち歩いても、あまり苦じゃありません。

外観デザインもかっこいい

手に持ったとき、金属づくりが手になじむ感じ、わかるでしょうか。ひんやりとした質感は、つい頰をくっつけたくなるほど、気持ちいい(関係ないか)。

なにが言いたいかって、レンズが金属づくりで、高品質なんです。操作性に関しても、絞り・ピントともにスムーズに動き、合わせやすい。

絞りのリングは他のレンズと比べると、若干ゆるく感じるかも知れませんが、個人的には軽やかで合わせやすいです。

フードあってこそのレンズ

そして特にお気に入りの部分が、フードをつけたときの外観。

普段からこのレンズをX-Pro2につけっぱなしになんですが、それはX-Pro2との相性が抜群に良いからなんですよね。この組み合わせは、映えます。

レンズフードの部分、使い込めば使いほど風合いが出て、かっこよくなります。

XF35mm F1.4 Rの表現力と作例

このレンズを今でも使い続ける理由は、圧倒的な表現力あってこそです。

写すと決めたものにしっかり向き合い、そのシーンでの主役を引き立ててくれる。それがXF35mm F1.4 Rというレンズです。

さっそくポートレート・ストリートスナップ・テーブルフォトの3つに分けて、作例を見ていきましょう。

主役がグッと引き立つポートレート

ポートレートを撮るうえで、50mmは近すぎず遠すぎず、僕にとって最適な距離感です。

近づけば無駄なものは入らず、その人自身を撮ることができるし、離れれば背景をうまく生かしつつ撮ることもできます。

なぜか旅先ではイヌに遭遇することが多い。だからちょこっと挨拶して、写真を撮らせてもらいます。

動物は動き回るので、止まった瞬間を逃さず撮影。と言っても寝てる写真が多いのですが。

瞬間瞬間のワンシーンを切り取るストリートスナップ

写真を撮るときに意識するのは、光と影。とくに影のあるところについ目がいってしまいます。いい影を見つけたらカメラを構えてシャッターを切ってみる。

それだけで画になることがあるから、写真って不思議です。F1.4とF値も低いため、夜間の撮影も問題なし。ISO3200だと拡大したときに粗が出てきますが、引き伸ばさない限り大丈夫。

香りや食感をも写すテーブルフォト

思わずヨダレが出てしまいそうになるテーブルフォト。被写体は入ってくる光に大きく左右されます。

ごはんをうまく撮るコツは、「おいしいなあおいしいなあ」と思いながら、シャッターを切ること。

もしテーブルフォトを撮るときに、もう一工夫ほしいなあと思った場合、動きを入れてみましょう。

すくってみたり、切ってみたり、かき混ぜてみたり。不思議なことに、その動きひとつで手触りのある写真に、仕上がるんです。

XF35mm F1.4 Rの気になる点

一年使用していて気になる点を、最後にあげておきますね。ざっと気になる点で抑えておきたいところは、こんな感じです。

  • 手振れ補正がない
  • 防塵防滴ではない
  • AF速度がやや遅い

「手振れ補正なし」と「防塵防滴ではない」は、フジユーザーの間でよく指摘されることですが、そこまで問題に感じたことはありません。

手振れ補正がない点は、F値が低いことで、ある程度カバーできます。夜間撮影も真っ暗でなければ、意外と撮れるのがありがたい。

防塵防滴がない点も、撮影シーンに気をつけていれば、そこまで気にする必要性はないのかなと。ただ過去に砂埃のなか撮影して、ゴミが入ってしまったので、多少気を使うようになりました。

参照:FUJIFILMのカメラ「X-Pro2」を修理に出した経緯と見積もりの備忘録。

いちばん気になるのがAF速度の遅さ

やっぱり気になるのはここです。新しいレンズは静かに「スッ」と合ってくれるんですが、このレンズだと「クククッ」とワンテンポおそい。

動くものを撮影するときは、ちょっと厳しいのかなと。だけどこのAFの遅さすらも、このレンズの個性だと思っています。

やっぱり完璧なものより、ちょっと鈍感なところがあったほうが愛らしいというか、より愛着持てませんか…?

いや、やっぱりAFは早いに越したことはありません。僕はそんなに不便だと感じたことはありませんが、動体撮影中心の方だと、いちどしっかり試してみることをおすすめします。

最後に:XFレンズ最初の単焦点はこれで決まり

自分に合った焦点距離が分かっていれば、その焦点距離でF値が低いレンズを選ぶ。

やはりF値が低いレンズというのは、撮る場所や時間の制限を大幅に緩和してくれるので、とても心強い相棒になります。

そして自分に合う焦点距離が、もし50mm相当だとするなら、ぜひいちど「XF35mm F1.4 R」を手にとってみてください。

多少のクセはありますが、もし使いこなすことができたら、最高の相棒となると思います。Xマウントユーザーで最初の単焦点レンズをお探しの方に、ぜひおすすめしたいレンズです。

 

ちなみにレンズフィルターはこちらを使っています。

 

そのほかの使用レンズは、「シーンに応じてベストなレンズを。FUJIFILMおすすめの単焦点レンズ 3つ【作例あり】」にまとめているので、ぜひあわせてご覧ください。

今日はこれにておしまい。
それではまた!