FUJIFILM XF23mm F2 R WR 一年越しレビュー。小さく軽く、テンポよく撮れる単焦点レンズ【作例あり】

どうも、佐田真人(@mst727)です。

前回ご紹介した、FUJIFILMの単焦点レンズ「XF35mm F1.4 R」。

35mmフルサイズ換算で、約50mm相当の単焦点レンズですが、今も基本的にはこのレンズをカメラに付けっ放しにしています。

だけど、その日の気分で「目の前の景色をもっと広く切り取りたい」、と思うことも。

そんなこともあって、次に購入したレンズは「XF23mm F2 R WR」。フルサイズ換算で35mm。気軽に撮れる画角だけあって、こちらを常用されている方も多いと思います。

難しいことを考えず気軽に撮りたいときや、写真を撮ることが最優先にならないシーンで活躍しています。

そんな「XF23mm F2 R WR」というレンズの魅力と作例を、今日は余すことなくお伝えしていければと思います。

XF23mm F2 R WRを最初の単焦点レンズに選んだ決め手

50mm相当の画角は、撮影する対象が決まっているときに、とても役立つレンズ。だけど、フィーリングでシャッターを押せるレンズかと聞かれると、すこし違う。

街歩きが好きな自分にとって、考えるより先にシャッターを切りたい自分もいる。気軽にもっと写真を楽しめるレンズがほしかったんです。

50mm相当のレンズばかり使い続けてきたので、「XF23mm F2 R WR」は、再度写真を撮ることの楽しさに気づかせてくれたレンズです。

FUJIFILMのXマウントで、23mmレンズのF値は、「F2」と「F1.4」のふたつ。

どちらも評価の高いレンズですが、僕が「F2」を選んだのは、圧倒的な軽さとオートフォーカスの速さ、そして防塵防滴仕様だから。

使っていく中で、とくに好きだなあと思ったポイントは、こんな感じです。

◎おすすめポイント

  • 圧倒的軽さとサイズ感
  • AFの速さと防塵防滴仕様
  • その場の雰囲気とずれない表現力

XF23mm F2 R WRの特長(サイズ感・デザイン)

レンズの魅力や特長をお伝えする前に、まずは知っておきたい「XF23mm F2 R WR」の基本スペックを、書いておきます。

購入前に知っておきたい基本情報

  • 【焦点距離】23mm(フルサイズ35mm判換算:35mm相当)
  • 【絞り値】f16〜f2
  • 【最短撮影距離】22cm〜
  • 【質量】約180g(レンズキャップ・フード含まず)
  • 【フィルターサイズ】43mm
  • 【メーカー希望小売価格】62,000円(税別)
    ※2018/9/19時点の実勢価格は「39,090円(税込)」

最短撮影距離が22cm〜と、かなり寄れるので、ブツ撮りにも最適です。価格も他の単焦点と比べて、購入しやすい価格なので、サブとしておすすめのレンズ。

圧倒的軽さと機動力

Xマウントの単焦点レンズすべてに言えることなんですが、その中でもとくに軽くてコンパクトなのが「XF23mm F2 R WR」。

この軽さとサイズ感なら、予備のレンズとしてバッグに入れても、ほとんど気になりません。しかも「X-Pro2」に装着して、首から掛けても、ギリギリ大丈夫なライン。

他メーカーのミラーレスカメラでも、フルサイズだと大きいレンズが多い。その点FUJIFILMのレンズのコンパクトさはやっぱり魅力的です。

別売りレンズフードでかっこいいデザインに

ただそのコンパクトさの代償なのか、付属のフードデザインがあまり良くないんです。そんなこともあって、購入当初はあまりこのレンズで、撮る気が起きませんでした。

僕にとって、撮る気にさせてくれるものかどうかが、どれだけ大切なのかを改めて感じました。道具はまずデザインから

なので、レンズフードを別売りのものに変えてみました。あとから知ったんですが、やっぱり別売りのフードをつけて使う方が多いんですね。

別売りレンズフードつけて、初めて「XF23mm F2 R WR」が完成すると思っています。

AFの速さと防塵防滴仕様

このレンズの特筆すべき機能はこのふたつ。

とにかくAFが速く、静かなんです。「XF35mm F1.4 R」を普段使いにしていると、その速さと静かさに驚くばかり。これだけでもこのレンズを使う価値があります。

ストリートスナップで、テンポよくシャッターが切れるのは、必要条件でありとても大切なこと。

また、このレンズは防塵防滴。撮影シーンを気にする必要なく撮れるのは、本当にありがたい。雨の中撮りたいと思うこともあるので、そんなときは重宝するレンズですね。

XF23mmnF2 R WRのずれない表現力

大げさに良く写すことなく、かといって悪いわけでもない。その場の雰囲気を、忠実に写してくれる。それが「XF23mm F2 R WR」というレンズだと考えます。

正直なところ、このレンズの魅力を僕はまだ、引き出せていません。

だからこれから、もっとこのレンズで撮っていきたいと思っています。作例に関しては、すべてスナップ。すこしでも参考になれば幸いです。

旅行に行ったときも、撮ることが最優先にならず、旅を楽しみながら撮れるのが、このレンズの魅力。あまり構図を気にせずサクッと撮れるのが気持ちいい。

人を撮るときも、できる限り自然に。旅先では予期せぬタイミングで撮るときもあるので、オートフォーカスの速さには助かっています。

基本的に露出は一段階二段階下げて撮影するので、アンダーめな写真が多いです。だけどこれがまた画になるんです。

F値が2なので、夜間撮影でも大活躍。ISOは3200までなら常用で使えるかなと。若干ノイズがのりますが、これはこれで嫌いじゃありません。

海外のストリートスナップでは、ピントを外してしまうことも多いのですが、そういう写真含めて良いと思えるかどうか。そこが写真の楽しさなのかなと思ったり。

XF23mm F2 R WRの気になる点

最後に、一年使用していて気になる点を、あげておきますね。

  • 付属のフードだと、レンズのフタが外れやすい
  • ボケがすこし固く感じる

ちなみに手ぶれ補正は、他の単焦点レンズと同じくなし。

付属のフードだと、レンズのフタが外れやすい

付属のフードについては、デザイン以外にもうひとつ、気をつけたいことがあります。それは、レンズのフタが外れやすいこと。

フードのデザイン上、レンズのフタが外に出てしまうので、レンズのフタ部分になにか当たったとき、外れやすくなってるんですよね。

何回かそれで落としたことがあるので、気になる方は別売りのレンズフードを、一緒に買っておくことをおすすめします。

ボケがすこし固く感じる

正直なところ、ボケの写り具合は、好みの問題です。

僕の場合、ふだん「XF35mm F1.4R」に目が慣れてしまってることもあり、若干ボケが固く感じてしまいます。

XF35mm F1.4 Rはボケの輪郭が柔らかいのに対して、XF23mmF2 R WRがボケの輪郭がすこしはっきりしてるんですね。

それが結果的にすこし、固く感じてしまうんです。これは良くも悪くもレンズの特徴なので、撮りたい画に応じてレンズを交換しましょう。

最後に

単焦点レンズを買うと、当然一本だけで済むはずもなく、別の画角のレンズが欲しくなるのは、もう仕方がないこと。

二本目の単焦点レンズに、XF23mm F2 R WRを選び、見る世界がすこし広くなりました。もっと近くのものを撮るようになりました。

ふだん使っているレンズの画角で、マンネリ化してきたなあと感じたら、思い切って画角を変えて撮ってみましょう。また新しい景色に、自分に出会えるはずです。

そしてそんなレンズにぜひ、XF23mm F2 R WRはどうでしょう。きっと写真を撮るのが一層楽しくなりますよ。Xマウントユーザーで二本目の単焦点に、ぜひおすすめしたいレンズです。

 

 

 

そのほかの使用レンズは、「シーンに応じてベストなレンズを。FUJIFILMおすすめの単焦点レンズ 3つ【作例あり】」にまとめているので、ぜひあわせてご覧ください。

今日はこれにておしまい。
それではまた!