Lightroomの現像を一括で同じ設定にする方法。

どうも、佐田真人(@mst727)です。

写真撮影のお仕事では、だいたい数十枚から数百枚単位で、写真を納品することがほとんど。その際にLightroom内で一枚一枚現像していると、時間がかかるしなかなか大変なんですよね。

そんなときに便利なのが、Lightroomの「現像を一括で同じ設定にする機能」です。基本的な操作になるので、覚えていて損なし。

ということで、Lightroom初心者の方向けに、どうすれば複数の写真に同じ現像設定を適用できるのか、その方法をご紹介したいと思います。

複数の写真に同じ現像設定を適用する方法

手順としてはこんな感じになります。

  1. 現像設定をコピーしたい写真の、現像画面を開く
  2. 画面下のサムネイル画面から、現像設定をコピーしたい写真を複数枚選択
  3. 画面右下の「同期」を選択
  4. 同期設定の各項目で、同期したくないものは、チェックを外す(特にない場合はOK)
  5. 問題なければ、「同期」を選択

多そうですが、一瞬でできます。

まず、現像設定をコピーしたい写真の、現像画面を開きます(ショートカットは「D」)。次に、現像画面下のサムネイルから、現像設定を適用したい写真を複数枚選択しましょう。

現像したい写真を複数選択できたら、画面右下にある「自動同期」を選択します(上画像参照)。すると同期設定の各項目が出てきます(下画像参照)。

その際に同期したくないものは、チェックから外しましょう。特になければ、そのまま「同期」を選択すると、現像設定が適用されます。

一枚の写真に同じ現像設定を適用させる方法

複数ではなく、一枚の写真だけ現像設定を適用させたい、という人もいると思います。その方法もとても簡単。

  1. 同じ現像画面から、画面左下の「コピー」を選択
  2. 同じように同期の項目を確認した後、「コピーを選択」
  3. 現像設定を適用させたい写真の現像画面で「ペースト」を選択

コピー&ペーストのショートカットは、「C」と「V」。一般的な操作と変わらないので、ショートカットキーで操作しましょう。

現像を一括で同じ設定にするメリット

現像を一括で同じ設定にするメリットは、こんな感じ。

  • 写真の質感(明るさ・色・コントラスト)を統一
  • 圧倒的現像時間の短縮

大切なのは、まず全体の色を統一すること。

仕事だと写真の質感を統一することは、複数枚の納品が必要なときに大切なこと。とくに意図がない場合、明るさや色がまばらの写真を納品されても、困ってしまいますよね。

また、圧倒的に現像の時間が短縮されることも大きなメリット。100枚以上の現像が必要な場合は、かなり時間が短縮できると思います。

ただ、あくまで下地を整える作業にすぎないので、細かいレタッチ作業は、ひとつひとつ細かく調整していきましょう。

一括で同じ設定に現像する場合の、効率的かつ効果的な方法

同じ現像設定を一括でする場合、ちょっとしたコツで、より効率的かつ効果的に現像を行えます。

それは、撮影状況が同じ写真ごとに一括現像を行う方法です。当然撮影シーンが異なれば、現像設定も大きく変わってきます。

例えば、日中に撮影した写真と、夕暮れ時に撮影した写真とでは、光の質感も異なるので、現像設定は変わってきますよね。

撮影シーンが異なる写真すべて、一括で現像するのではなく、撮影シーンごとに分けて一括現像する。この方法が、効果的かつ効率的です。

最後に

これまでにもいくつか、初心者向けのLightroom記事を上げてきましたが、ツールは基本的な操作を知ってるか知らないかで、利便性が大きく変わってきます。

これからも引き続き、Lightroom情報は書いていく予定なので、一緒に頑張りましょう。

今日はこれにておしまい。
それではまた!