カメラの写真データを長期保存するおすすめの方法【外付けHDDとクラウドが基本】

どうも、佐田真人(@mst727)です。

  • 本格的に撮影するようになったけど、写真データの管理方法がイマイチわからない
  • カメラマンとして仕事をはじめたので、写真データを安全かつ長期で保存したい

そんなお悩みを解決する記事です。

▼記事の内容

  • カメラの写真データを長期保存するおすすめの方法
  • 写真データの長期保存は「外付けハードディスクとAmazon Photos」がベスト
  • 写真をバックアップする上でいちばん大切なこと

だれでも本格的なカメラで撮影ができるようになり、複業でもカメラマンとして働く方が増えてきました。そんなときに困るのが写真データの保存方法。

僕も複業として、企業の採用サイトの写真や、インタビュー、イベント写真など、本格的に撮影案件を受けるようになってから、写真の保存方法を確立しました。

今回は、実際に使ったソフトやサービスなどを含め、写真データの保存方法を具体的に、解説していこうと思います。

カメラの写真データを長期保存するおすすめの方法

基本は「外付けのハードディスク(HDD)とクラウドストレージ」の二重保存をおすすめします。

でも、撮る人によって写真データの「重要度」が異なるので、保存方法やそれにかける費用も、それぞれに合った方法があります。

そこで写真撮影する人を、下記のふたつのパターンに分けて、説明していこうと思います。

  • 撮影が少ない人(スマホのみ、もしくはカメラがあっても趣味ですこし撮るぐらい)
  • 本格的に撮影する人(趣味でたくさん撮影するほか、カメラマンとしての仕事もしている)

撮影が少ない人は「自分に合ったクラウド」で保存

まず「写真の枚数が少ない人」は、クラウドストレージへの保存が最適です。魅力的な点は大きく3つ。

  • アプリやソフトを入れてしまえば「手軽にバックアップできること」
  • スマホやPCの両方から「簡単にアクセスできる」
  • 保存容量が少なければ「無料で使える」

おすすめのクラウドサービスは、後ほど詳細を共有しますが、「Amazon Photos」がおすすめです。

本格的に撮影する人は「ハードディスクとクラウド」の二重保存

写真を趣味だけでなく、仕事としても撮る方は、「外付けハードディスク」と「クラウドサービス」の組み合わせが最適。

写真のデータを紛失させたくない方は、「二重保存」が必要不可欠。とくに写真撮影の仕事は、データの紛失が最も怖いので、データ管理はしっかりしたいところです。

外付けハードディスクはLightroomと連携させ、クラウドサービスがAmazon Photosで管理するのがおすすめです。

写真データの長期保存は「外付けハードディスクとAmazon Photos」がベスト

ぼくの写真の管理方法は、ハードディスクをLightroomと連携させ、Amazon Photosでダブルバックアップを行うやり方です。

ここではハードディスクとLightroomを連携させるとはどういうことか、なぜクラウドサービスはAmazon Photosがいいのかを解説します。

外付けハードディスクは、Lightroomで管理すべき

Lightroomは写真データの一括管理だけでなく、編集もできてしまう、クリエイターなら知らない人はいないAdobeのサービスです。

写真の枚数が多くなってくると、ハードディスク単体で手動で管理するのが、難しくなってきます。そこで外付けハードディスクの写真データを、一括で自動管理してくれるのがLightroomの役目。

具体的には撮影したカメラ別、日別に写真を階層ごとのフォルダに整理されるので、全体の写真が見やすくなる。写真管理では手放せないツールです。

おまけにスマホから編集も可能なので、素早くWebにアップできるのもありがたい。これでいて月額1050円ほどなのでお得。本格的に撮影をしている人なら、導入して損なしです。

▶︎Lightroom

プライム会員なら迷わず無制限の「Amazon Photos」

まず僕が「Amazon Photos」を使う理由は、プライム会員だから。会員だと無料かつ無制限に写真データを保存できるんです。

おなじようなサービスでGoogleフォトもありますが、下記の点で大きな違いがあります。

  • Rawデータをアップロードできる(Googleフォトだと制限付き)
  • 画像のリサイズ、圧縮がされない
  • プライムビデオやプライムミュージックが使えてお得

とりあえずRawデータを入れておけば何とかなるAmazon Photos、本当にありがたいです。

僕は普段からAmazonを使い、プライムビデオなども見るので一石二鳥。プライム会員は、月額プランだと400円、年間だと3,900円と、お得感でいうといちばんおすすめのサービスです。

▶︎Amazonプライム

▶︎Amazon Photos

無料ですぐ使えるおすすめのクラウドサービス

もし「Amazon Photos以外でなにかないの?」がいらっしゃれば、これまで僕が使ってきたクラウドサービスもいくつかご紹介しておきます。

基本はすべて無料で使えるクラウドサービスですが、月額課金で容量を増やすことも可能です。まずは無料で使ってみて、自分が使いやすいと思ったものに課金して、使ってみるといいでしょう。

だれでも気軽に使える「Googleドライブ」

ほとんどの人がGoogleアカウントを持っているはずなので、Googleドライブがいちばん気軽に使えるものだと思います。

無料で15GBまで使えるので、写真データの保存先しても十分利用できるのかなと。ほかに使う用途がなければ、使わない手はありません。

▶︎Googleドライブ

劣化OKなら無料かつ無制限の「Googleフォト」

写真データの編集を行わず、リサイズや圧縮の劣化も気にしないのであれば、Googleフォトがおすすめ。なんといっても、無制限かつ無料で保存できる点がいい。

アップロードした写真は圧縮されるという制限付きですが、見た感じはあまり差を感じません。スマホの写真が中心で、保存した写真を編集しない方は、Googleフォトでも良さそうですね。

▶︎Googleフォト

課金前提なら「Dropbox」もあり

無料(Dropbox Basicプラン)だと、2GBまでしか使えませんが、月額1,200円で1TBまで使用できます。課金前提であればとても使いやすいサービスです。

写真をあまり撮らないのであれば、ドキュメントと写真兼用の保存先として、利用するのがおすすめです。

▶︎Dropbox

写真データを保存するときに意識していること

写真データはバックアップしていないと、突然消えてしまうもの。そしてバックアップを取っていたからといって、100%安全というものでもありません。

そんな写真データ消失のリスクを少しでもおさえるために、普段から意識していることを書き残しておきます。

バックアップは定期的に二重保存すること

写真データは定期的に二重保存しましょう。どこかひとつだけのまま放置しておくのはリスクが高い。別の場所でふたつ以上保存している状況が望ましいです。

これは本格的な撮影をしない人であっても同じで、写真のデータが突然消えると困るという方は、二重保存のバックアップを基本としましょう。

撮影の仕事は早めに納品する

撮影の仕事は早めに納品するよう心がけています。いつまでも写真データを持っている状態だと、消失リスクは高まります。

予期しないタイミングで「データがなくなった」という怖い話も聞くので、撮影案件は早めに納品しましょう。

クライアントごとに写真データを保存する

自分以外の誰かが関わる写真データは、バックアップとは別に、クライアントごとに分けて保存しています。

クライアントに納品した写真は、一年以内なら簡単に探せれるように、メインのバックアップとは別に、Dropboxでクライアントごとに管理しています。

最後に

繰り返しになりますが、写真データの保存は「定期的」に「二重保存」が基本です。デジタル機器は予期せぬタイミングで壊れたりするので、こまめなバックアップを心がけてください。

今回は写真データの保存に関して書きましたが、次回は写真データのファイル整理をどうしているのかも、書いていけたらと思います。

今日はこれにておしまい。
それではまた!