スリランカ旅行を楽しむために。26日間の滞在費用と1週間の予算まとめ|スリランカ

どうも、サタマサト(@mst727)です。

  • スリランカの物価や旅行の滞在費用が知りたい
  • スリランカでのお金の管理方法を知りたい

そんなお悩みを解決する記事です。

▼記事の内容

  • スリランカ旅行26日間の滞在費用と1週間の予算
  • スリランカ旅行26日間の滞在費用の内訳
  • スリランカ旅行でのお金の管理方法

2018年6月13日〜7月8日の26日間、スリランカに行ってきました。ネパールからインドと南下して、スリランカに来たんですが、予想以上に街並みがきれいで驚きました。

物価はネパールやインドより比較的高かったんですが、今回はどれぐらいの滞在費用がかかったのか、まとめてみました。

この記事では、これからスリランカを旅行される方向けに、どれぐらいの金額があればどんな生活ができるのか、26日間の滞在費用と1週間の最適な予算をお伝えします。

スリランカ旅行26日間の滞在費用と1週間の予算

まず、スリランカの旅のスタイルを、大まかに書いておきます。旅の仕方によってかかる費用が変わってくるので、各々のスタイルに当てはめて参考にしてみてください。

  • 訪れた街:コロンボ・キャンディ・シーギリヤ・ダンブッラ
  • 旅のスタイル:一人旅
  • 交通:バス・電車・トゥクトゥク・タクシー
  • 食事:昼と夜の二食
  • 宿泊:ドミトリーと個室
  • 観光:観光よりもカフェ・アーユルヴェーダとバワ建築めぐり中心

スリランカ来た目的はふたつ。「アーユルヴェーダ」を受けることと、バワ建築の「ヘリタンスカンダラマ」に宿泊すること。そんなわけで、いつもより滞在費用が高くなっています。

スリランカ旅行26日間の滞在費用

スリランカ滞在26日間で使った合計金額は、272,662円(約425,632LKR)でした。この金額には、食費や宿泊費、観光費、アーユルヴェーダも含みます。

▼スリランカ旅行26日間の滞在費用

  • 交通費:13,361円
  • 食費:21,770円
  • 宿泊費:46,622円
  • 観光費:320円
  • アーユルヴェーダ費:179,440円
  • その他:11,149円

 

合計:272,662円(約425,632LKR)

全体的にかなり高い費用になりますが、そのほとんどがアーユルヴェーダにかかった料金です。それを除けば食費だけだと、1日あたり2,000円ぐらいあれば、十分過ごせました。

スリランカ旅行1週間の予算

1週間の予算を見積もると、43,000円〜77,000円(27,520LKR〜49,280LKR)になります。トレッキングやスパを体験するなら、もうすこし高く見積もった方がいいですね。

▼スリランカ旅行7泊8日あたりの予算

  • 交通費:5,000〜10,000円(航空券を除く。チャーターを考えると5,000円以上必要)
  • 食費:1,000円〜2,000円/日(ローカルフードだともっと安くなる・市内は比較的高め)
  • 宿泊費:3,000円〜6,000円/日(ドミトリーや個室によって変わるが3,000円以上だと安心)
  • 観光費:5,000円(遺跡や寺院が好きな人は、事前にかかる費用を調べておくと良い)
  • その他:35USドル(観光ビザにかかる費用)

 

合計:43,000円〜77,000円(27,520LKR〜49,280LKR)

なお、すべての金額は現在のレート「1LKR=0.64円」で換算しています(2019年4月22日時点)。だいたいの目安として、予算を考えていただければと思います。

スポンサーリンク

スリランカ旅行26日間の滞在費用の内訳

スリランカ旅行の滞在費用の内訳と、詳細を見ていきましょう。

交通費:13,361円

交通費は、飛行機、バス、電車、タクシー、そしてトゥクトゥク代になります。

町から町への移動はバスや電車、市内の移動やチャーターで、タクシーやトゥクトゥクを利用しました。スリランカの交通費は安かったですね。とくに電車とバスは驚きの安さ。

Uberのタクシーとトゥクトゥクでは、Uberの方が安く楽なのは、スリランカも一緒でした。

片道航空券:8,558円(バンガロール→コロンボの片道航空券)

IndiGoの航空券で、片道合計8,558円(5,349INR)でした。航空券を買うのが遅かったので、前もって購入すればもうすこし費用は抑えられるはず。

片道航空券OKな国では、基本的に片道で取ることが多いです。これまでの経験から予定を変えることが多いので、できる限り予定に縛られないようにしています。

バス代:310円

町の移動で利用したんですが、ローカルのバスだったからか、驚きの安さでした。冷房もなく地元の人も乗るバスだったので、快適とは程遠かったです。

  • キャンディ→シーギリヤのバス代:97円(152LKR)
  • ダンブッラ→コロンボのバス代:212円(332LKR)

支払いは、バスに乗ってから行き先を伝え、目的地までの現金を渡すシステム。細かいお金も用意しておきましょう。

電車:128円(コロンボ→キャンディの移動代)

電車も驚きの安さです。冷房はなかったですが、バスト比べるとスピードがあるので、比較的快適に乗れました。スリランカの電車は海沿いを走るので、気持ちいいですよ。

電車で移動できる場所であれば、バスよりも電車をおすすめします。事前に出発時刻だけ、コロンボのフォート駅で調べておきましょう。

タクシー・トゥクトゥク:4,365円

市内の移動はすべて、100円〜300円(160LKR〜470LKR)に収まりました。トゥクトゥクよりも、Uberのタクシーの方が安かったので、交渉などを考えると、Uberの方がおすすめです。

トゥクトゥクのチャーターに関しても、600円〜1,000円(930LKR〜1,560LKR)と、1時間以内の移動でしたが比較的安めでした(ちなみに料金は事前に交渉しています)。

食費:21,770円

食事は基本的に昼と夜の2食をレストランで、カフェに行くことが多かったです。食費は1日に合計1,000円〜2,000円(1,560LKR〜3,120LKR)でした。

1食ローカルフードだと300円(470LKR)以下、レストランで食べると600円(930LKR)ほど。観光客が集まる市内のレストランは、2,000円(3,120LKR)以上しましたね。

作業のために昼間は毎日カフェを利用していました。コーヒー1杯で350円(550LKR)前後。長時間利用することが多かったので、2杯オーダーが基本でした。

ネパールのカフェはおしゃれで、ランチやドリンクもおいしかったです。実際に訪れたカフェを、こちらの記事にまとめているので、ぜひご覧ください。

▶︎コロンボに来たら行ってみたい!おすすめのカフェ 4店|スリランカ

宿泊費:46,622円(16泊17日)

アーユルヴェーダの宿泊費はここに含まず、後述する「アーユルヴェーダ費用」として計算します。ホテルは、大きく3つぐらいのグレードのところに宿泊しました。それぞれ1泊あたりの料金はこんな感じです。

  • ドミトリー:900円〜3,300円
  • 個室:3,000円前後
  • 高級ホテル:13,300円前後

コロンボ市内のドミトリーは、比較的高めですが、これまで宿泊したドミトリーと比べても、居心地がよかったです。いちばん高かったのは「ヘリタンスカンダラマ 」の宿泊代。それでも平日料金でお得に泊まれました。

▶︎自然に溶け込むバワ建築ホテル「ヘリタンスカンダラマ」の魅力と行き方|スリランカ

観光費:320円

シーギリヤの山に登ったときに、入山料320円(500LKR)かかりました。

シーギリヤロックの入園料が3,000円(4,500LKR)だったので、それと比べるとかなり安いですよね。シーギリヤロックも眺めることができます。

個人的にはシーギリヤロックよりも、向かいの山のトレッキングをおすすめします。

アーユルヴェーダ費:179,440円(10泊11日)

今回の旅の目的だった「アーユルヴェーダ」ですが、合計料金が10泊11日で1,430Euro(179,440円)でした。「バーベリンリーフリゾート」という施設に宿泊したんですが、料金の内訳はこんな感じです。

  • 宿泊料金:110Euro/日(クラシックルーム)×10日間=1,100Euro
  • 治療料金:80Euro/日(アーユルヴェーダ)×11日間=880Euro
  • サマー割:110Euro×5日間=-550Euro
  • 合計:1,430Euro(179,440円)※2019年2月23日時点

夏季レートでの参考料金(2018年7月3日時点)になるんですが、アーユルヴェーダの施設はだいたいこれぐらいの料金はどこもするようです。感想はこちらの記事に書いているので、ご興味ある方はご覧ください。

▶︎スリランカのアーユルヴェーダを10泊11日体験して変わったこと【料金・選び方・期間】

その他:11,149円

その他は、スリランカの観光ビザ(35USドル)と、お土産で購入した石鹸、SIMカード(1,350LKR)の金額です。

観光ビザはあらかじめネット申請可能なので、クレジットカードで支払いましょう。ここからはスリランカ旅行での「お金の管理方法」と「楽しむ方法と注意点」をお伝えします。

スポンサーリンク

スリランカ旅行でのお金の管理方法

スリランカ旅行でのお金の管理方法ですが、クレジットカードと国際キャッシュカード、現金の3つを利用していました。それぞれこんな感じで使い分けていました。

もし海外旅行用のクレジットカードをお持ちでなければ、「海外旅行におすすめのクレジットカード厳選5枚【保険の組み合わせが重要】」もご覧ください。

▼クレジットカード

  • 現地の人や観光客が大勢利用するレストランやカフェ、ホテルで利用
  • カードが紛失したときのために、使えるように複数枚別々に所持

▼国際キャッシュカード

  • ATMから現金を引き出すために利用(最初の空港である程度引き出すことが多い)
  • 現地の人や観光客が利用している、また人目につきセキュリティがいるATMで引き出す
  • 夜は目をつけられることがあるので、現金を引き出す際は日中のみ

▼現金

  • 盗難のリスクを考え、1日使う分とそうではない分を、別々に所持
  • 日本円とUSドル・現地の紙幣3つを所持(日本円だと換金できないところがあるため)

基本はクレジットカードで支払い、それ以外は国際キャッシュカードで引き出した、現金で支払っていました。現金の換金やATMの引き出しは、基本日中に済ませましょう。

金銭トラブルに気をつけよう

スリランカだと気をつけたいのは、トゥクトゥクの料金。とくに日本人はぼったくられやすいので、適切な相場を知ったうえで、買い物するよう心がけましょう。

また、たくさんのお金を持っていると思われる、ATMの引き出し時や、現金の換金時などは、場所を選ぶとともに、周りも警戒しましょう。

最後に

スリランカの人は優しく、とても穏やかな国でした。海が近くにあるのもよかったです。お値段は張りますが、アーユルヴェーダもよかったので、ご興味ある方は、ぜひ体験してみてください。

これからスリランカ旅行を検討されている方にとって、今回の情報がすこしでもお役に立てば嬉しいです。ぜひご参考ください。

今日はこれにておしまい。
それではまた。

 

▼こちらの記事もおすすめ