ネパール1人旅を快適に楽しむために。14日間の滞在費用まとめ【内訳付き】|ネパール

【2018/5/9更新】

どうも、佐田真人(@mst727)です。

世界一周を再びスタートさせ、最初に訪れた国はネパール。この国に来て一番驚いたのが物価の安さ。今まで東南アジアの物価でも安いと感じていたんですが、ネパールの安さはそれ以上でした。

レストランやカフェのクオリティも高く、日本食も安くおいしいので、ついたくさん注文してしまいました。そんな物価の安いネパールですが、滞在費用どれぐらいなのでしょう。

海外旅行はある程度予算を決めていく方が多いと思うのですが、訪れた国でどれぐらいのお金があればいいのか、想像するのがむずかしいと思います。

そこで今回は、これからネパールを旅行される方向けに、どれぐらいの金額があればどんな生活ができるのか、滞在時の経験をもとにまとめてみました。

 

ネパール14日間の合計費用:87,758円

まずはネパール滞在2週間で使った金額から。食費や宿代、観光費などをすべて含めて、87,758円でした(日本からネパールまでの片道航空券を含む)。

とくに我慢せず2週間ネパールで過ごしたんですが、10万円以内に収まり、多少の贅沢をしても1日1000円以内で過ごすことができました。

それでは内訳を見ていきましょう。

 

交通費:56,125円(航空券やバス・タクシー)

交通費は主に、日本からネパールまでの片道航空券、カトマンズからポカラまでのバス代、そして市内のタクシー代になります。

カトマンズは街がコンパクトにまとまっているので、あまりタクシーなどの移動手段を使うことはありませんでした。とくに写真を撮影することが多いので、徒歩30分ぐらいの距離なら歩いてました。

ちなみに遠方での移動は、自分の時間、体調と相談し、陸路と空路を使い分けています。

 

▼航空券:50,000円(大阪→カトマンズの片道代)

交通費でもっとも費用がかかるのが航空券代。LCCで片道合計5万円でした。航空券を買うのが直近だったので、前もって購入すればもうすこし抑えられるはず。

 

▼バス代:1,666円(カトマンズ→ポカラの往復代)

ネパールでは、カトマンズとポカラ間をバスで移動しました。バスは移動手段として最もリーズナブルなので、海外では利用する頻度が比較的多いです。

[aside type=”boader”]

  • 行きのバス代:980円(カトマンズ→ポカラ)
  • 帰りのバス代:686円(ポカラ→カトマンズ)

[/aside]

行きは宿で手配してもらったこともあり、すこし金額が高くなっています。帰りはポカラのバス会社に行き、直接チケットを購入しました。

 

▼タクシー:4,459円(市内間の移動・チャーター代)

タクシーは主に、空港やバスターミナルから宿までの移動に利用していました。また、すこし遠方の観光スポットへ行く際に一度だけタクシーをチャーターしたので、その分費用がすこし高くなっています。

 

食費:9,398円(レストランやカフェ・屋台)

ごはんは基本的に昼と夜の2食。食費は1日に600円〜700円ぐらいでした。1食だいたい300円前後。ネパールの郷土料理「モモ」がおいしかったので、よく食べてました(10個セットで200円前後)。

作業のために昼間はカフェを利用することも多かったです。コーヒーは1杯で200円前後。長時間利用することが多かったので、2杯くらいオーダーしていました。

カトマンズのWi-Fiカフェをまとめた記事はこちら。

ポカラのWi-Fiカフェをまとめた記事はこちら。

 

宿泊費:14,139円(合計13泊14日)

 

ドミトリーはピンからキリまでありますが、ストレスなく宿泊できるのはだいたい600円〜。東南アジアよりも安く泊まれるというよりは、個室をより安い値段で泊まれる感じでした。

今回は1泊1200円ぐらいの個室に宿泊してました。暖かいシャワーに朝食が付いていたり、屋上に登れたり。まわりもとても静かだったので、満足度はとても高かったです。

 

観光費:196円(寺院の入場料のみ)

観光費用はほぼかかってません。

旅のスタイルによるかもしれませんが、カトマンズやポカラは街を歩いたり「何もしない時間」を十分楽しめてしまうので、観光費用がかからないんですね。

カトマンズのタメルでお店を巡ったり、ポカラではのんびりお気に入りのカフェで本を読んだり、そんな時間が似合う国だと感じました。

 

その他:7900円(15日間の観光ビザ・衣服)

その他費用としては、ネパールの観光ビザとポカラで購入したコートですね。お土産など雑貨を買うことはありませんでした。

観光ビザは本来25USドルなのですが、細かいUSドルを持ってなかったため、日本円で3,000円支払いました。日本円でのお釣りは返ってこないのでご注意ください。

支払い方法としては、25USドル現金できっちり支払うのが、一番ベストです。

 

最後に

ネパール14日間の滞在費用を書いてみましたが、改めてまとめるとこんな感じになります。

[aside type=”boader”]

  • 交通費:56,125円(航空券やバス・タクシー)
  • 食費 :9,398円(レストランやカフェ・屋台)
  • 宿泊費:14,139円(合計13泊14日)
  • 観光費:196円(寺院の入場料・衣服)
  • その他:7,900円(15日間の観光ビザ・衣服)

合計:87,758円

[/aside]

ごはんをきっちり食べてカフェに行っても、1日かかる費用は1000円以内に収まりました。なお、すべての金額は現在のレート「1円=0.98NPR」で換算しております。

人によってはもうすこし抑えたり、もうすこしかかる方もいらっしゃると思いますが、ひとつの目安として見ていただければと思います。もしネパールを旅行される方がいらっしゃれば、何かしらの参考になれば幸いです。

 

*なお、このブログはmanablogを運営する坂内学(@manabubannai)さんに、スポンサー出資いただいております。

[aside type=”boader”]

アフィリエイトで月7桁以上を稼ぎつつ、企業向けにSEOコンサル業も行う、タイ・バンコク在住のフリーランスであるマナブさん。「SEOやアフィリエイトってよく聞くけど何なの?」という方も多いと思います。

manablogでは具体的なSEOやアフィリエイトといったノウハウを、初めての方でもわかりやすく公開されています。どれも参考になる記事ばかりなので、ぜひご興味のある方はご覧ください。

>>アフィリエイトブログの作り方【アフィリに人生を救われた僕が語る】

>>SEOで検索上位を獲得する記事の書き方【記事設計からライティング】

>>【ブログ特化】収益UPするアフィリエイト記事の書き方【実例公開】

[/aside]

今日はこれにておしまい。
それではまた!