これまで重宝してきた海外旅行であると便利なグッズ 25選【2019年版】

これまで重宝してきた海外旅行であると便利なグッズ 25選【2019年版】
2019年5月30日

たとえ日常とは違えど、旅先であっても普段と変わらず、快適に過ごしたいもの。長期間のフライトや合間の待ち時間、めまぐるしく変わる環境に、最初は慣れないかもしれません。

そんなときすこしでも、旅の不便を解消するのは、旅先であると便利な持ち物。今回はこれまで重宝してきた「海外旅行であると便利なもの」をご紹介します。

東南アジアやインド方面を中心に、日本とは異なる環境に長期間滞在することが多く、どれも役立ったものばかりなので、ぜひご参考ください。

海外旅行であると便利なグッズ 25選【2019年版】

25個と紹介したい旅の持ち物が多いので、用途に応じてわかりやすく、「移動編・ガジェット編・日用品編」の3つに分けました。

移動編は主に旅の移動中に使うものや持ち歩いているもの、ガジェット編は文字通り便利なガジェット、日用品はホテルでよく使っていたものをまとめています。

海外旅行であると便利なグッズ【移動編】

1. GRANITE GEAR(グラナイトギア)エアーキャリー

メインのスーツケースやバックパックとは別に、カバンの中に忍ばせているものがあります。それが折りたたみトートバッグのグラナイトギア「エアーキャリー」。

軽くて小さく丈夫で撥水仕様。おまけにチャック付きなので、安心して使えるんです。旅の帰りにお土産を入れたり、すこし出歩くときや、機内のバッグとして使っています。

2. mont-bell(モンベル)U.L.MONO ショルダー M

こちらもメインとサブのバッグとは別に、カバンの中に忍ばせているもの。薄くて荷物にならず驚きの軽さ、それでいてこれも丈夫なんです。

主に旅先で出歩くときに、必要最低限のものを収納し、持ち歩いています。このサコッシュだけを持ち歩いて、撮影に出かけることも多いですね。

▶︎mont-bell(モンベル)U.L.MONO ショルダー M

3. カレンシーケース

パスポートやカードのお金まわり、その他SIMカードなど、細々したものを収納しているカレンシーケース。とても薄いので、カバンに入れてても邪魔になりません。

ポケットが4つもあるので、それぞれのポケットに入れるものを決めておけば、アクセスもしやすいし、いまでは欠かせないトラベルグッズ。

現状オンラインで購入できるのは「SMYTHSON(スマイソン)」というブランドのもの。空港のお店などにもあるかもしれないので、ぜひ探してみてください。

4. Clipa(クリッパ)

海外旅行先ではカバンの置き場所に困ることが多いんですが、「Clipa」があればもう心配いりません。テーブルや椅子、ちょっとしたフックにかけることもできます。

しかも耐荷重が15kgもあるので、相当重いバックパックでも問題なし。持ち歩きたくなるシンプルなデザインも良し。いつもバックパックにかけて持ち歩いています。

5. PITTA MASK(ピッタマスク)

長期間のフライトや移動中のごみごみとした場所、乾燥や埃っぽい空気の対策にマスクは必需品です。そのなかでも「ピッタマスク」はとっても便利です。

長期間かけていても耳が痛くならず、名前通りピタッとフィットしてくれる。洗えて数回利用できる点も画期的です。海外だと日本の白いマスクは返って浮いてしまうので、黒が選べるのも嬉しいポイントです。

6. ペイズリー バンダナ

ペイズリーバンダナ」は汎用性が高いグッズで、なんにでも使えてしまいます。ハンカチ代わりに使うのはもちろん、砂埃が多い地域では「マスク」、機内ではアイマスク代わりに使ったりもします。

工夫次第で活用法は何通りもあるので、旅ではとても重宝します。首に巻くだけでもシンプルな服装のアクセントに。使うことが多いので、いつも色違いでふたつ入れています。

7. ブロックロディア No.13 ホワイト(RHODIA)

海外に行くと意外とアナログなメモが大活躍。現地の言葉を教えてもらったり、わからない単語をメモしたりするときは、「ブロックロディアのホワイト」を愛用しています。

ポケットにちょうど入る大きさなので、後述するレザーケースに入れて、ペンと一緒に持ち歩いています。どこまでデジタルが進んでも、アナログも手放せません。

8. LAMY(ラミー)4色ボールペン油性

機内で入国カードを書くときや、勉強しているとき、そしてアイデアを紙にまとめたいとき、どうしてもペンが必要になってきます。僕が愛用しているのは、「ラミーの名作4色ボールペン」。

流行り廃りのないシンプルなデザインに程よい長さ。音を立てることなく目当てのカラーに変えれる点もたまりません。これからも使い続けたい一品です。

機内で入国カードを書く以外に使わないけど、もしものときにペンを持っておきたいという方は、さらに小さいゼブラの油性ボールペン「SL-F1 mini」もおすすめです。

9. RHODIA No.11 CASE bridle(MD2V)

ブロックロディアはやはり、メモケースに入れて持ち運びたい。いちどは憧れた理想の持ち歩き方でもあります。だけど、なかなかいいケースが見つかりませんでした。

そんなとき「MD2V」という素敵なサイトを見つけます。まさに僕が求めていた横開きのレザーケース。しかもカードやお札まで収納できるので、ちょっとした財布代わりにも。

残念ながら「MD2V」の商品はすでに生産終了となったんですが、ほかに気になった本革のロディアカバーのリンクを貼らせていただきます。気になった方はぜひ見てみてください。

10. DIFFUSER(ディフューザー)GLASS HOLDER

夏場はサングラスも愛用しています。ただ視力が悪いので、すべて度つきのレンズを使用しています。すると、メガネとサングラスを頻繁にかけたり外したりすることが多くなります。

そんなとき外した方は、このグラスホルダーと一緒に、首にかけています。現在はデザインが新しくなり「DUAL LAYER GLASS HOLDER」として販売されています。ぜひチェックしてみてください。

▶︎DUAL LAYER GLASS HOLDER

11. 虫よけシート・歯みがきシート(無印良品)

シートタイプの歯みがきシートと虫よけシートは、液体のようにかさばらないので、短期間の旅行にはとても便利。

歯みがきシートは指に巻きつけて歯を拭くように、虫よけシートは外出前にサッと気になる部分を一拭き。かゆいところに手が届くトラベルグッズです。

12. TRAVEL TOOTHBRUSH MISOKA for TO&FRO

ただの歯ブラシじゃございません。なんとナノミネラルコーティング加工をした毛先のおかげで、歯磨き粉いらずで、水だけで磨けてしまえる「TRAVEL TOOTHBRUSH」。

折りたたんでコンパクトになるのはもちろん、乾かすのもラクラク。おしゃれで持ち歩くのが楽しくなるのもいいですね。マウスウォッシュと合わせて使用することが多いです。

13. mont-bell(モンベル)ロングテイル トレッキングアンブレラ

「とりあえず買ってください」と言わんばかりのおすすめグッズ。なにがいいってコンパクトで軽い(本当に軽いです)のに、広げたときの長さがちょうどよく使いやすいんですよね。

大雨や強風にも耐えれる強度と、サッとひと振りすれば雨粒が落ちる「撥水性」と「速乾性」も備えています。濡れた傘を屋内で持ち歩くことともおさらば。

▶︎mont-bell(モンベル)ロングテイル トレッキングアンブレラ

海外旅行であると便利なグッズ【ガジェット編】

14. トラベル用変換プラグアダプター(無印良品)

海外旅行用の変換プラグは数あれど、これほどシンプルで洒落たものを見たことがありません。複数の変換プラグがひとつの長方形にまとまるなど、利便性も言うことなしの「トラベル用変換プラグアダプター」。

デザインが後回しになってしまいがちなものも、シンプルで使いやすくおしゃれに。無印良品がもっと好きになりました。巾着袋に書かれたマニュアルも可愛いです。

▶︎トラベル用変換プラグアダプター(無印良品)

15. Anker PowerCore Fusion 5000

旅のガジェットで毎日役立っているのが「アンカーのモバイルバッテリー」。スマホだけでなく、GoProなどのカメラも充電できる点がお気に入り。

プラグも一体化しており、これだけで充電コードとiPhoneコードが不要な点も助かります。USB給電も二口あるので、もう一口を隣の人に貸してあげることもあります。

気になるアンペア数ですが、日本と変わらない都市であれば、あまり困ったことはありません。念の為、10000mAhも予備として持っています。

16. AirPods(Apple)

AirPodが重宝するのはマイクが使える点です。旅先でもオンラインで話すことが多いので、AirPodsにはとても助かりました。

iPhoneやMacBookとの連携が早いのも、ずっと使い続けている理由です。Apple製品は小さなストレスがないので使っていてとても心地いいです。

▶︎AirPods(Apple)

17. LOKSAK(ロックサック)防水マルチケース M

ジップロックみたいなものなんですが、かなり丈夫なので、長くタフに扱える「ロックサック」。貴重品をどうしても、水辺に持ち込まないといけないときに利用しています。

それ以外にも仕分け袋として、紙幣やその他細々したものを入れたりできるので、なにかとあると便利な商品です。

海外旅行にあると便利なグッズ「日用品編」

18. Scrubba Washbag(スクラバ ウォッシュバッグ)

ランドリーやホテルの洗濯サービスがないとき、衣服を手洗いするために使っている旅行用「ウォッシュバッグ」です。使い方は簡単。衣服を入れて、洗剤を入れて、水を入れて、シャカシャカして、衣服を揉んで洗うだけ。

インドに訪れたときはかなり重宝した記憶があります。地味に便利なのが、カメラを入れて守れる防水ケースになる点です。バックパッカー向けのトラベルグッズですね。

19. そのまま洗える衣類ケース(無印良品)

無印良品の「そのまま洗える衣類ケース」は、あってよかったトラベルグッズです。なにがよかったかというと、衣類をそのままランドリーに入れて洗えるんです。

いつも知らぬ間に片一方がなくなる靴下を入れています。履いたものをここにいれてそのまま洗濯。ランドリーからの取り出しもかなり楽になりました。

▶︎そのまま洗える衣類ケース(無印良品)

20. ダブルクリップとアルミS字フック・小(無印良品)

クリップとアルミS字フックの組み合わせ。単体でも便利なんですが、実はこのふたつを組み合わせると、服とか靴下を干せる簡易ハンガーになるんです。

洗濯キットは荷物になるので、いつもこのスタイルで乗り切っています。ちなみにクリップはマネークリップとしても使っています。

21. オーガニックエアープレミアム フェイスタオル(イケウチオーガニック)

手触りのいいトラベルタオルをずっと探していました。トラベル用のコンパクトで速乾性のあるタオルは、機能性を追求した結果なのか、拭き心地が良くないのが難点でした。

そこで実際に使ってみてよかったのが「イケウチオーガニック」。水分の吸収率と速乾性には驚きました。「手触り・速乾性・コンパクトさ」のバランスがいい素晴らしいプロダクトです。

22. TPUクリアケース(無印良品)

パッ木イングのコツは透明なケースに入れること。外からなにが入ってるか見えるのはやっぱり便利です。シャワールームに必要なものや液体系は、無印良品のポーチと詰め替え用品に入れています。

防水仕様なのでシャワールームに行くとき、そのまま持っていても問題なし。S時ハンガーと組み合わせると、フックにぶら下げておけるのも便利ですね。あとは何気に自立するのもいいですね。

【2019/10/7追記】現在無印良品においているものは、こちらではなく新しいものに変わっています。無印良品のトラベルグッズは定期的にアップデートされるので、より新しいものが使いやすくなっていると思います。

23. ポリプロピレンフタ付石けん置き・大(無印良品)

旅先では固形の石鹸の方が使うことが多くなりました。それはたぶんこの石鹸置きを使い始めたからでしょう。短期の旅行なら、あまり必要性は感じませんが、長期滞在には重宝します。

濡れた石鹸は思う以上に扱いづらい、乾くのも遅く、持ち運びに不便なんですよね。仕方なくジップロックに入れてたものを、見事にこの商品が解決してくれました。

▶︎ポリプロピレンフタ付石けん置き・大(無印良品)

24. 携帯用メガネ拭き 14枚入り(無印良品)

ふだんメガネかけている方で、無印良品のメガネ拭きを知らない方は、まず買ってみてください。おそらく手放せなくなるでしょう。

一般的なメガネ拭きはずっと使い続けていると、汚れが拭き取りにくくなります。だけどこの商品はそんなことなし。ティッシュ感覚で使え、1枚で何度も使用できます。おまけにPCの画面もきれいに拭けて一石二鳥。

▶︎携帯用メガネ拭き 14枚入り(無印良品)

25. Snow Peak(スノーピーク)チタンシングルマグ

かさばるのになぜかいつも持って行ってしまうスノーピークの「チタンシングルマグ」。時折熱いコーヒーやティー、味噌汁を飲みたくなったとき、このマグカップに入れて飲んでいます。

コップは長期滞在であってもなかなか購入まで至らないので、長期滞在のときはいつも持っていて良かったと感じる一品ですね。

最後に

これ以上書くとキリがないので、今回はここまでにしておきます。改めてそれぞれのモノにまつわるエピソードを思い出し、必要のないものはなかったと感じました。

とはいえ旅の快適さはこれからも追求していきますし、年齢を重ねれば愛でるプロダクトも変わってくることでしょう。また便利なものを更新した際はおしらせします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。快適な旅をしたいあなたの、何かしらの参考になれば嬉しいです。

海外旅行であると便利なグッズまとめ【2019年版】

 

▼こちらの記事もおすすめ