2021年TOKIORI的買ってよかったもの【カメラ・ガジェット・家電編】

2021年TOKIORI的買ってよかったもの【カメラ・ガジェット・家電編】
2021年12月12日
2021年も残すところあとわずか、ということで、今年は「TOKIORI的買ってよかったもの」をご紹介。台湾に移住し1年半以上経ち、本格的にVlogを始めたことで、撮影機材やガジェットが増えた1年でした。

今回は前編と後編に分け、前編では「カメラ・ガジェット・家電編」、後編では「ファッション・メンズケア・生活用品」と分けてお届けします。

2021年TOKIORI的買ってよかったもの【カメラ編】

FUJIFILM X-S10

FUJIFILMのX-Pro2を写真撮影で使っているのですが、Vlog撮影のためにバリアングル搭載の「X-S10」を購入。若干のチープさは否めないけど軽くて小さいので、YouTube撮影メインで使ってます。

お値段約12万円とリーズナブルなのにも関わらず、2021年でのフラッグシップ機のX-T4とほぼ同性能なので、初めてのカメラにもおすすめ。

DJI Pocket 2

ふだん気軽に撮影できるカメラとして、とても重宝しているお気に入りのカメラ。おそらくVlog撮影でいちばん使ってます。

前作の「Osmo Pocket」からさらにアップデートされ、前作心残りだった画質や音声の改善に加え、画角も広くなり撮影しやすくなりました。

重くて大きいジンバルを持ち運ばずとも、この小ささでブレない映像が撮れるのは感動。これからも使っていきたいカメラです。

Leofoto MT-03(三脚)+LH-25(雲台)

アルミニウム製の剛性な質感。この堅牢な佇まいに惹かれ購入。デザインはもちろん、アクセサリでさらに拡張できるのも素晴らしい。

普段はX-S10の手持ち三脚として使ってますが、脚の長さを二段に調節できる点も、かゆいところに手が届く感じで良い。頑丈かつグラつきなし、それでいてコンパクト。これからも長く使えそうなミニ三脚です。

NANLITE Forza 60B+NANLITE PavoTube Ⅱ 6C

NANLITEというメーカーの「Forza 60B」を屋内のYouTube撮影用に購入。撮影照明の値段はピンキリですが、これはとてもリーズナブル。それでいてクオリティも申し分なし。簡易的な物撮りやYouTubeの撮影だとこれひとつでこなせ、照明のなかでもかなりコンパクトなので気に入ってます。
また、同時に購入したサブライト「PavoTube Ⅱ 6C」は三脚も取り付けれるので、主にYouTube撮影のサブライトとして使用。すこし短めで簡単に持ち運べるうえに、マグネットでくっつくようにもなっているので、いつか屋外でも使ってみたいです。

スポンサーリンク

2021年TOKIORI的買ってよかったもの【ガジェット編】

iPhone 13 Pro 256GB

iPhone Xを使い続けて約3年、やっと新しいiPhoneに買い替えました。Xからの13 Proなので、すごく進化を感じる。とくにディスプレイのヌルヌル感とカメラの性能。

新搭載のシネマティックモードはまだまだ改善の余地ありですが、写真動画ともに写りは申し分なく、サブカメラとしても大活躍。撮った写真をすぐに編集し、SNSに投稿できるのもありがたいです。

感覚的にはもはやスマホじゃなくカメラを買ってる感じ。結局のところ、iPhoneは1年おきに買い換えるのが、一番安くつくのかもと改めて感じました。

M1 MacBook Air

同じくAppleのMacBook Air。M1が出たタイミングで、MacBook 12インチから買い替えました。12インチにはかなり愛着があったのだけど、動画編集には向かなかったので買い替えに至りました。

4Kでも問題なく編集できることから、発表された当初はすごく話題になりましたが、その噂通り4Kの編集がサクサクできるようになり、動画編集のストレスが減りました。

時短にも繋がるので、仕事道具には積極的に投資していきたい。

Amazfit GTR 2

この流れでスマートウォッチもAppleかと思いきや、ここはAmazfitという中華圏メーカーのご紹介。正確には買ったものではなくいただいたものになるのですが、これが使いやすい。

そもそもスマートウォッチが必要かずっと懐疑的だったのですが、Xiaomi Mi Smart Band 4を勧められてから、今ではスマートウォッチが欠かせなくなってしまいました。
  • アラームで起きるのが苦手なので、手首の振動で起きれるのが良かった(目覚め快適)
  • 運動量や歩数がひと目で分かるので、自然と健康に意識が向くようになった(目標達成感ある)
  • ストップウォッチが重宝しており、ポモロード的に使うことが増えた(すぐアクセスできる)

こんな感じで生活が改善されたのだけど、Amazfit GTR 2は視認性が高く、バッテリーも14日間以上持ちます。画面が大きくなったため、天気や気温、歩数、運動量と、認識できる情報が増えたのも嬉しい。

Apple Watchと比べても値段が約29,800円と、リーズナブルなので、初めてのスマートウォッチにもおすすめ。物足りなくなったら、グレードアップしていくのがいいかも。

スポンサーリンク

2021年TOKIORI的買ってよかったもの【家電編】

山善のケトル「YKG-C800-E」

2021年に新しい部屋に引っ越したので、新しくケトルを買いたいと思い探してたところ、こちらのケトルを購入。もともとバルミューダと迷ってましたが、バルミューダは金額と機能性の観点から、かゆいところに手が届かない印象でした。

山善の電気ケトルは、バルミューダのようにシンプルでかっこいいデザインなのだけど、温度調節機能や保温機能があり、ひと目で温度も確認できることから、求めていたものが合致しました。

バルミューダは無駄なものを削ぎ落とし、ミニマルを突き詰めたもの。見方によっては、山善の電気ケトルはすこし中途半端に映るかもしれません。

ここは好みによりますが、シンプルなデザインに加え、機能的な利便性も重視した欲張りな方には、このケトルをおすすめしたいです。

Nintendo Switch

台湾もコロナの影響でリモート勤務が始まった頃、めっきり運動をしなくなったので、リングフィットと一緒に購入。ガッキーのCMに影響されてしまったのもひとつの理由。

友達が自宅に来たときは、みんなで遊べるゲームもやったりしてます。

そういった時間を過ごせるだけで買ってよかったと思うし、何歳になってもゲームを楽しめる気持ちは大切にしたい。なお、時間が足りないので、新しいゲームは買えずにいます。

スポンサーリンク

最後に


撮影機材や仕事道具を中心に購入した1年でしたが、引き続き来年も続いていくんだと思います。これからもワクワクするデジタルアイテムをご紹介できたら嬉しいです。

ガジェット以外をまとめた後編の「2021年TOKIORI的買ってよかったもの【30代男性のファッション・メンズケア・生活用品編】」もぜひ見てください。