家でも旅先でも、好みの香りを持ち運ぶ。おしゃれなお香「hibi」

普段の暮らしでも旅先でも、リラックスしたいと思う瞬間がある。例えばそれは眠る前や、ちょっとした休憩時間。なにかこころ安らぐものがあればいいなあと思う瞬間。

そんなとき、気軽に空間を彩ってくれるものがあります。それが香り。今回ご紹介するのは、香りは香りでも、持ち運べる香り。hibiというお香です。

着火具がなくても気軽に使えるお香「hibi」

hibiは淡路島のお香と播磨のマッチ、兵庫県の伝統が合わさって生まれたもの。なんといっても着火具がなくても手軽に使えるのが便利です。

使い方はとても簡単。

マッチを擦って火が着くと、消えるまですこし待ちます。そのあと専用のマットに置き、10分間ほど香りを楽しむ。

着火具や置き場所にも困らないのがとてもいい。

香りのバリエーションが豊富で使い分けもできる

hibiは香りのバリエーションが豊富で、そのときの気分やシチュエーションによって、お香を使い分けれるのも嬉しいところ。香りは10種類(最後に詳細を記載)。

そのなかでも普段使用しているのは、レモングラスとラベンダー、ティーツリーの香り。

レモングラスは作業の合間の気分転換に、ラベンダーティーツリーは眠る前や、リラックスしたいときに焚いています。

どこでも香りを楽しめるコンパクトなお香

hibiのいいところは使用シーンで、お香を使い分けれるところ。持ち運び重視なら「レギュラーボックス」、普段の生活で使用するなら「ラージボックス」。

レギュラーボックスは気軽に手渡しできるサイズ感なので、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですね。

気軽に香りを楽しむことができ、その楽しみを共有したいときに、プレゼントもできる。そんなだれかの日常に溶け込む柔軟さを、hibiには感じました。

それぞれの値段と香りの種類は下記の通りです。

それぞれのボックスの値段

▼レギュラーボックス

  • 8本入り/専用マット付き:各650円(税別)
  • 8本入り/専用マットなし:各600円(税別)

▼ラージボックス

  • 30本入り/専用マット付き:各2,000円(税別)

豊富な香りのバリエーション

  • 001:Lemongrass(レモンのような甘酸っぱさと、緑の草原を思わせるすがすがしさ)
  • 002:Lavender(気品のあるフローラルな香り)
  • 003:Geranium(バラに似たほのかな甘さとグリーンノートが混じりあう香り)
  • 004:Ylang Ylang(濃厚で官能的な甘さのあるややエキゾチックな香り)
  • 005:Tea Tree(清涼感のあるスパイシーな香り)
  • 006:Citronella(爽やかなシトラス系グリーンノートで防虫効果もある香り)※夏期限定
  • 007:Yuzu(寒空に凛とした香気を放つ、すがすがしい柑橘の香り)
  • Japanese cypress:ひのき(懐かしい静けさで、心を包み込む樹木の香り)
  • Sandalwood:白檀(神秘的な深みある甘さで、別世界へ連れ去ってくれる香り)
  • Cinamon:桂皮(スパイシーな甘さを含んだ、温かく親しみやすい香り)

そのほかにもギフトボックスなど、パッケージの種類も豊富にあるので、ぜひ公式サイトをご覧ください。

参照:hibi | 10MINUTES AROMA, MADE IN JAPAN

ちょっと気になる点「香りがよわいと感じる」

使っていて気になる点をひとつ挙げるとするならば、香りがすこし弱く感じるところ(海外のお香に慣れていることもあり、ほかのお香の香りが強いだけなのかも?)。

香りを前面に押し出していることもあり、使ってみると思いのほか、線香の香りの方が強いと感じることもあります。

ここは個人的な好みによって変わってくると思うので、まずはレギュラーボックスから初めてみるのがおすすめです。

おすすめの組み合わせは「ラベンダーとティーツリー」

ご覧の通りバリエーションが豊富にあるのですが、中にはすこしクセの強い香りもあります。なので最初はあまりクセのない優しい香りから試してみましょう。

ラベンダーやティーツリーだと自然な香りが楽しめるのでおすすめ。

まずは「レギュラーボックス」でいくつか試しに購入し、そのあと気になった香りを「ラージサイズ」で購入するのがいいでしょう。

 

最後に

香りに興味を持つようになったのは、海外を頻繁に行き来するようになってから。だけど持ち運びに不便なのがネックだったんですよね。

そんなときに「表参道ヒルズ」で見つけたのが、このマッチタイプのお香でした。パッケージもおしゃれだったので、買ってみたのがハマったきっかけです。

必需品ではないけれど、持っていたらすこし、幸せになれるもの。

普段の生活とは違って、旅先では環境をコントロールできません。だからこそ自分なりのリラックス方法を見つけることが大切。

hibiはそんな悩みにそっと寄り添い、新しい香りの楽しみ方を教えてくれたお香です。もしご興味があれば、ぜひいちど、手に取ってみてください。

今日はこれにておしまい。
それではまた!