ベトナム旅行を快適に楽しむために。1週間にかかる費用と最適な予算|ベトナム

どうも、サタマサト(@mst727)です。

  • ベトナムの物価や旅行の滞在費用が知りたい
  • ベトナムでのお金の管理方法を知りたい

そんなお悩みを解決する記事です。

▼記事の内容

  • ベトナム旅行89日間の滞在費用と最適な予算
  • ベトナム旅行でのお金の管理方法

2017年11月29日〜12月13日の15日間、ベトナムに行ってきました。タイのチェンマイからベトナムに来て、ハノイ・ホイアン・ホーチミンと3つの街を巡りました。

物価は基本的にはどこも安く、ごはんも美味しかったです。ドミトリー中心の旅だったんですが、今回はどれぐらいの滞在費用がかかったのか、まとめてみました。

この記事では、これからベトナムを旅行される方向けに、どれぐらいの金額があればどんな生活ができるのか、15日間の滞在費用と1週間の最適な予算をお伝えします。

ベトナム旅行15日間の滞在費用と1週間の予算

まず、ベトナムの旅のスタイルを、大まかに書いておきます。旅の仕方によってかかる費用が変わってくるので、各々のスタイルに当てはめて参考にしてみてください。

  • 訪れた街:ハノイ・ホイアン・ホーチミン
  • 旅のスタイル:一人旅
  • 交通:飛行機・バス・タクシー・バイクタクシー
  • 食事:昼と夜の二食
  • 宿泊:ドミトリー
  • 観光:観光よりもカフェ

ベトナムに来た目的は、ハノイとホイアン、ホーチミンの観光。街の距離が遠く離れていたため、都市間の移動は飛行機と長距離バス。そのため交通費がいちばんかかりました。

ベトナム旅行15日間の合計費用

ベトナム滞在15日間で使った合計金額は、41,274円(8,763,679VND)でした。この金額には、食費や宿泊費、街から街への移動を含みます。

▼ベトナム15日間の滞在費用

  • 交通費:20,769円
  • 食費 :12,420円
  • 宿泊費:6,674円
  • その他:1,410円

 

合計:41,274円(8,763,679VND)

街によって金額の偏りはありますが、比較的安く済んでいると思います。食費だけだと、1日あたり800円ぐらいあれば、十分過ごせました。

ベトナム旅行1週間の予算

1週間の予算を見積もると、23,000円〜49,800円(4,883,573VND〜10,573,998VND)になります。ローカルではない観光客向けレストラン中心の食事なら、もうすこし高く見積もった方がいいですね。

▼ベトナム旅行7泊8日あたりの予算

  • 交通費:5,000〜10,000円(航空券を除く。長距離移動を考えると10,000円以上は必要)
  • 食費:800円〜1,600円/日(ローカルフードだともっと安い・都市は比較的高め)
  • 宿泊費:600円〜3,000円/日(ドミトリーは1,000円以上・個室は2,000円以上だと快適)

 

合計:15,600円〜43,800円(4,883,573VND〜10,573,998VND)

なお、すべての金額は現在のレート「1VND=0.0047円」で換算しています(2019年5月9日時点)。だいたいの目安として、予算を考えていただければと思います。

スポンサーリンク

ベトナム旅行15日間の滞在費用の内訳

インド旅行の滞在費用の内訳と、詳細を見ていきましょう。

交通費:33,591円

交通費は、飛行機、バス、タクシー、そしてバイクタクシー代になります。

都市間の移動は飛行機や長距離バス、市内の移動は、タクシーやバイクタクシーを利用しました。タクシーの利用は「Grab」があると便利ですが、今回は使いませんでした。

航空券:16,492円

飛行機は「ベトジェットエア」に2回乗りました。

  • タイ(バンコク)→ベトナム(ハノイ):8,031円
  • ハノイ→ダナン:8,461円

東南アジア内だと航空券が安いので、国内であっても飛行機で移動することは多いです。

バス代:1,397円

バスは都市間の移動と、市内から空港までの移動で利用しました。

  • ホイアン→ホーチミン:約2000円
  • ハノイ市内→ノイパン空港:片道約150円

タクシー・バイクタクシー:1,880円

タクシーも空港から市内の移動だけ利用しました。

  • ダナン国際空港→ホイアン市内:1,645円
  • ホーチミン市内→空港:235円

食費:12,420円

食事は基本的に昼と夜の2食をレストランで、あとはカフェに行くことが多かったです。食費は1日に合計800円〜1,200円(169,863VND〜254,795VND)でした。

ローカルの簡易的なレストランで1食300円以下、ちょっといいレストランで食べたときは1食900円ほどでした。街によりますが、安いところでは1日600円ぐらいでいけましたね。

作業のために昼間は毎日カフェを利用していました。コーヒー1杯で200〜300円(42,465VND〜63,698VND)ほど。一緒にケーキもオーダーすることが多かったです。

カフェはどこも良かったんですが、ホイアンのカフェは雰囲気ものんびりしていて、夕方から夜にかけての時間が、とても好きでした。

宿泊費:6,674円(14泊15日)

宿泊はかなり安く済ませたので、参考になるかわかりませんが、1泊あたりの料金は450〜600円ほど。

すべてドミトリーでした。ドミトリーの場合は、600円からが安心、1,000円以上で快適という感覚なのかなと。

その他:235円

これは歯磨き粉とシャンプーを買ったときの金額です。

ベトナムは15日間以内のの滞在であれば、日本人は観光ビザ不要なので、特別お金のかかる手続きはありません。ちなみにベトナムは出入国が厳しいので、入国・出国両方のチケットが必要です。

さて、ここからはベトナム旅行での「お金の管理方法」と「楽しむ方法と注意点」をお伝えします。

スポンサーリンク

ベトナム旅行でのお金の管理方法

ベトナム旅行でのお金の管理方法ですが、クレジットカードと国際キャッシュカード、現金の3つを利用していました。それぞれこんな感じで使い分けていました。

もし海外旅行用のクレジットカードをお持ちでなければ、「海外旅行におすすめのクレジットカード厳選5枚【保険の組み合わせが重要】」もご覧ください。

▼クレジットカード

  • 現地の人や観光客が大勢利用するレストランやカフェ、ホテルで利用
  • カードが紛失したときのために、使えるように複数枚別々に所持

▼国際キャッシュカード

  • ATMから現金を引き出すために利用(最初の空港である程度引き出すことが多い)
  • 現地の人や観光客が利用している、また人目につきセキュリティがいるATMで引き出す
  • 夜は目をつけられることがあるので、現金を引き出す際は日中のみ

▼現金

  • 盗難のリスクを考え、1日使う分とそうではない分を、別々に所持
  • 日本円とUSドル・現地の紙幣3つを所持(日本円だと換金できないところがあるため)

今回は主に国際キャッシュカードで引き出し、現金で支払っていました。観光客が訪れるレストランとカフェのみクレジットカードを利用しました。

金銭トラブルに気をつけよう

ベトナムはぼったくりのタクシーが多いと聞いていたんですが、僕もタクシーで2回ほど金銭トラブルがありました。最初に提示した金額と、あとで言われる金額が違う問題ですね。

僕も急いでいたこともあり、メーターが回っていないものに乗ったんですが、案の定トラブルになりました(警察に来てもらい解決しました)

できる限りトラブルに遭遇しないためには、Grabの活用だったり、最初に提示された金額をメモっておいたりするのがいいでしょう。

最後に

ベトナムに行くとバイクがの量がすごいので、歩くときは本当に気をつけてくださいね。あとはバイクタクシーも乗る機会があると思うんですが、荷物を盗られないように意識しておきましょう。

これからベトナム旅行を検討されている方にとって、今回の情報がすこしでもお役に立てば嬉しいです。ぜひご参考ください。

今日はこれにておしまい。
それではまた。

 

▼こちらの記事もおすすめ