【仕事効率化Tips】MacBookのおすすめ初期設定+厳選アプリ14選

【仕事効率化Tips】MacBookのおすすめ初期設定+厳選アプリ14選
2021年7月30日
【最終更新日:2021/7/30】

Macはデフォルトでも使いやすいけど、カスタマイズすることで、より快適かつ効率的に使えるようになります。一つひとつはたった数秒の効率化、だけどその積み重ねが仕事の早さに影響してきます。

ということで、新しくMacBookを買い替えたタイミングで、いろいろな記事や動画を参考にしながら、初期設定とアプリを見直しました。今回は備忘録がてら、おすすめの初期設定と仕事効率化アプリをまとめました。

MacBookのおすすめ初期設定


まずはMacの初期設定から。

使ってるMacやOSによって設定方法が微妙に違うので、今回新しく設定したMacの情報を先に書いておきます。
  • MacBook Air M1 2020年モデル
  • macOS Big Sur 11.5

上記画面の「設定アシスタント」を開き、そこから画面の指示に従って、必要事項を設定していきましょう。

一般の設定

  • 外観モード:ダーク / サイドバーのアイコンサイズ:小
  • 書類を開くときはタブで開く→書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうかを確認:チェック

目が疲れやすいので、ダークモードで統一。
アイコンサイズはより多くの情報を瞬時に見るために、基本は「小」に設定。

Dockとメニューバーの設定(画面上部から順に解説)

  • サイズ:小
  • 拡大:チェック
  • 画面上の位置:
  • ウインドウをしまうときのエフェクト:スケールエフェクト
  • Dockを自動的に表示/非表示:チェック
  • 最近使ったアプリケーションのDockに表示:チェックを外す
  • バッテリー(コントロールセンター)→割合(%)を表示:チェック
  • 時計(コントロールセンター)→時刻のオプション→秒を表示:チェック

Mission Controlの設定(画面上部から順に解説)

  • 最新の使用状況に基づいて操作スペースを自動的に並べ替える:チェックを外す
  • ホットコーナー:右下:スクリーンセーバを開始する(右上の通知センターは無効にしました)

ホットコーナーの使用頻度は少ないけど念のため設定。

Siriの設定

  • “Siriに頼む”を有効にする:チェックを外す

言語と地域の設定

  • 週の始まりの曜日:月曜日 / 時刻の書式:24時間表示にチェック

通知の設定

  • 必要なアプリ以外は基本オフ

Touch IDの設定

  • ほかの指も追加

片手が空いてないときや、怪我したときのため用。

セキュリティとプライバシー

  • ファイアーウォール:オン

Bluetoothの設定

  • メニューバーにBluetoothを表示:チェック

サウンドの設定

  • メニューバーに音量を表示:チェック

キーボードの設定(画面上部から順に解説)

  • キーのリピート:最速
  • リピート入力認識までの時間:最短
  • ユーザー辞書の設定

ショートカット

  • Spotlight:チェックを外す

メインでAlfredを使ってるので、Spotlightはオフ。

入力ソース

  • Google日本語入力のひらがな」を追加(まずGoogle日本語入力をダウンロードする必要あり)
  • Apple純正の「英語」と「繁体中国語 – 拼音」を追加

メニューバー

  • コントロールセンター→キーボードの輝度:オフ

トラックパッドの設定

  • ポイントとクリック→副ボタンのクリック:チェック / タップクリック:チェック
  • 軌跡の速さ:最速

アクセシビリティ

  • ポインタコントロール→トラックパッドオプション→スクロールの速さ:最速

ディスプレイの設定

  • ディスプレイ→解像度:変更→スペースを拡大:チェック
  • Night Shift→スケジュール:カスタム(終日) / 手動→明日までオンにする:チェック

限られた画面で画面をより広く使い、目が疲れやすいのでナイトシフトは常にオン。写真編集作業を行うことも多いので、その場合はデスクトップ右上の通知バーでオフに。

その他の設定

Finder

  • 表示→パスバーとステータスバーを表示
  • 環境設定→すべてのファイル名拡張子を表示:チェック
  • 名前順で表示しているウィンドウ:チェック

デスクトップ上

  • 2本指でタップ→表示順序→グリッドに沿う:チェック
  • Dockバー:不要なアプリを削除し、自分が本当によく使うアプリだけ設置

スポンサーリンク

MacBookおすすめの仕事効率化アプリ14選


今回は仕事効率化に特化したアプリを厳選して紹介します。今回は個人的に使ってるAdobe製品、Apple純正アプリは除きます。

①Google Chrome


ブラウザはいまのところChromeで統一。拡張機能使ってるがいちばんの理由。仕事用とプライベート用で、ブラウザをふたつ開いて使ってます。

▶Google Chrome

②Notion


こちらも毎日欠かさず使ってるもの。日々の学びやタスク管理、買いたいものリストなど、あらゆるものをNotionに統一して管理してます。

▶Notion

③Googleドライブ


クラウドストレージはGoogleドライブで統一。

▶Googleドライブ(Googleのバックアップと同期)

④Google日本語入力


予測変換とかこっちのほうが使いやすいイメージ。ダウンロードしたらユーザー辞書登録も忘れずに。

⑤Manico


1軍アプリを即起動するためのアプリ。基本Dockまでマウスを移動させる必要がないので便利。

▶Manico

⑥Better Snap Tool


画面分割したり、拡大したり、左右に移動させたりはこれで。ショートカットキーを設定して利用してます。

▶Better Snap Tool

⑦Alfred


Spotlightの代わりに使ってるアプリ。いろいろとできるみたいですが、そこまで使いこなしておらず。基本は1軍以外のアプリを起動するのに使ってます。何気にここからGoogle検索やAmazon検索できたりするのが便利。

▶Alfred

⑧ATOK Pad


メモアプリはいろいろと試してきましたが、いまのところ「ATOK Pad」に落ち着いてます。「Shift」2回押しで即座に起動できるので、とっさのメモに使ってます。

▶ATOK Pad

⑨Clipy


「コピーしては貼り付けて、またページ戻って…」みたいなことを繰り返さなくて良いアプリ。コピーしたテキストをストックしておけるので、仕事でとても重宝しています。

▶Clipy

⑩Translate Tab


普段お仕事は中国語でのやり取りも多いため、わからない言葉を即座に翻訳するための必須アプリ。いちいちGoogle翻訳開いて…みたいなことから開放されたので、入れるべし。

▶Translate Tab

⑪Deep L


翻訳アプリでもうもうひとつ重宝してるのがこれ。Google翻訳より精度が高いので、より自然なニュアンスで言葉を扱う場合や、長文の中国語を理解したいときに重宝してます。

▶Deep L

⑫FLIQLO


スクリーンセーバーがちょっとおしゃれになるもの。お好みでどうぞ。

▶FLIQLO

⑬1 Password


パスワード管理アプリ。セキュリティ対策、必須です。

▶1 Password

⑭App Cleaner


不定期で使わなくなったアプリは、これで削除するようにしてます。きれいさっぱり削除できてる感じが良い。

▶App Cleaner

スポンサーリンク

最後に


Macを使い始めた当初はデフォルトで使用してましたが、効率化の鬼であるWebエンジニアから、Macはカスタマイズしてからの利用が当たり前と言われ、初期設定をしっかりするようになりました。

それ以降とても使いやすくなり、仕事も心なしか早くなったような気がします。

今回は僕自身の「海外での仕事」にフォーカスし、かつなるべく時間短縮につながるような初期設定になっています。アプリも仕事効率化系のものが中心です。

ただ、一人ひとりMacの使い方は異なるはずなので、ぜひ自分なりのMacのカスタマイズをしていただけたら幸いです。