台湾に移住して1年。台湾の好きなところ、苦手なところをまとめてみた

2021年2月28日
台湾に移住して1年が経ちました。これまで、ふとした瞬間に台湾にいることを不思議に感じることがあったけど、最近ようやく台湾で暮らしてる感覚を実感するようになりました。

台湾に来てからというもの、忙しない日々が続き、ちゃんと台湾生活を振り返れてなかったので、今回はたびたび聞かれることがあった、台湾の好きなところや苦手なところについて書いていけたらと思います。

台湾の好きなところ

①人が親切で街に活気がある


人が親切なのはどこの国にも当てはまりますが、台湾の人も本当に親切。お店の人とお客さんがよく会話してる光景を見かけるんですが、そういうフランクな距離感も見ていていいなと思います。

あと、朝市と夜市が至るところにあり、お祭り的な雰囲気が楽しい。早朝から朝市や朝食屋に人の行列、夜はたくさんの人で夜市が賑わう。日本ではなかなか見れない、台湾の好きな光景です。

②ご飯が安くて美味しい

台湾といえばグルメ。日本人の口に合うし、美味しいものが多い。有名な鼎泰豐のようなレストランから、屋台飯、コンビニ飯まで、台湾グルメは充実してます。

もともと毎日同じものを食べていても平気なタイプなんですが、台湾に来てからはローカルで美味しいご飯を探して食べることが多くなりました。

ちなみに台湾ではよく行列を見かけますが、行列ができてるお店は基本間違いないです。日本では行列に並ぶことは、滅多になかったんですが、台湾ではちょっとした行列なら並ぶようになりましたね。

③1時間で海や山に出れる


台北で登山したりサーフィンしたりする人が多いなあと思っていたら、台北にも自然がかなり身近にあることを知りました。山にも海にもだいたい1時間あれば行ける。だから自然のアクティブティを週末に楽しむ人が多いんです。

僕も台湾に来て初めてサーフィンに挑戦してみたり、郊外に温泉に行ったりすることが多くなりました。都会からちょっと電車に乗れば、自然豊かな場所に出れるのも、台北のお気に入りポイントです。あと大きな公園がたくさんあるのも良し。

④カフェがたくさんある

海外に行くと、まずその街のいいカフェを見つけるのが、旅のルーティン。心地いいカフェがある街は、それだけで素敵な場所に見えるし、初めての街でくつろげる場所を見つけるのは、僕にとって大切なこと。

そして、台湾には心地いいカフェが多いんですよね。行ききれないくらいたくさんあります。心地いいカフェが身近にあるっていうだけで暮らしの幸福度が上がるので、家探しの際も、カフェがあるかどうかは、結構重要視してます。

⑤アートが身近にある


実は台湾が好きになった最初のきっかけはアート。台湾はアートが身近にあって、意外と目にする事が多いんです。アートって聞くとすこし難解なイメージがありますが、台湾は生活とアートの距離感がもっと近いような気がします。

アート関連のイベントもたくさん行われていたり、美術館にもかなり安く入館できたりするので、気になる方はぜひ行ってみてください。

スポンサーリンク

台湾の苦手なところ

①湿気が多くて雨の日も多い


台湾で暮らし始めてから気づいたんですが、思ってる以上に台湾は湿気と雨の日が多かった。旅行のときはそりゃあ気候の良い日に行くのだから、なかなか気づかないわけです。

雨の日が1ヶ月以上続いたときもあり、これはなかなか慣れないだろうなあと。なのでカバンの中には常に傘が入ってます。

湿気が多いのもなかなか大変で、暑いのはもちろん、洗濯物がとにかく乾かない。気持ち的に暑い日はなかなか外に出れないし、乾燥機はマスト。あと、日本にいるとき以上に服装がラフになりました。

②バスの運転が荒い

これは海外あるあるですけど、バスの運転がワイルド。台湾はバスが便利で時折乗ることがあるんですけど、乗るたびに酔いそうになります。急に発進したり止まったり、乗るのも降りるのも一苦労。ということで、いまではなるべく電車か自転車に乗るようにしてます。

③におい


これも海外あるあるですが、海外に行くとその国特有のにおいってたくさんあると思います(余談ですが、初めての海外旅でタイに訪れたとき、空港に拡がるタイのにおいを嗅いで、こんなにおいが存在するんだと感動したことを覚えています)。

台湾でも歩いていると、臭豆腐や八角をはじめとする、台湾独自のにおいがけっこうあることに気づきます。美味しそうなにおいはもちろん、「おお!」とびっくりしてしまうにおい、いろいろです。最近はさすがに慣れてきたので、そこまで困ることはありません。

④Gが出る

これはおそらく今後も慣れることはないでしょう。日本に住んでるときはあまり見かけなかったんですが、台湾では暖かくなるとそこらへんでよく見かけます。台北市内を歩くときは、前見て下見てと、落ち着きません。

すでに部屋にも2,3回出たので、出た直後はGの幻覚を見るように。つぎ引っ越すときは、できる限りきれいな建物で、高いところに住もうと思います。もし台湾に長く住む方は、G撃退アイテムをまず購入されることをおすすめします。

スポンサーリンク

最後に

台湾の好きなところ、苦手なところをまとめてみましたが、1年も暮らせば苦手なところも含め、その街の個性として楽しめるようになりました(ただしGは除く)。

台湾で暮らしている以上はこれからも、台湾の好きなところや苦手なところはたくさん出てくると思うので、もっと台湾を発見していけたらなと思っています。

今回の内容が台湾の暮らしにご興味がある方の、何かしらの参考になれば幸いです。