初めての海外一人旅におすすめの国 6つ【実体験を語る】

どうも、サタマサト(@mst727)です。

  • 初めての海外一人旅でおすすめの観光都市を知りたい
  • 安く行ける国や治安面、一人旅を楽しむコツを知りたい

そんなお悩みを解決する記事です。

初めての海外一人旅。どこへ行こうかワクワクする一方で、知らないことがたくさんある。それなりに不安もあると思います。今回ご紹介したいのは「初めての海外一人旅おすすめの国」。

僕が初めて海外へ行こうと決めたとき、学校の図書館で「地球の歩き方」を片っ端から読み、いくつか行き先を絞って決めたのを覚えています。

あのときのワクワク感を読んでくださってる方に、すこしでも感じていただきたい思いで、実体験に基づき、初めての海外はどこがおすすめなのかご紹介できればと思います。

初めての海外一人旅におすすめの観光都市 6つ

選んでみると、主にアジア中心。

まだまだ僕の旅の範囲が狭いということもあるんですが、今回は比較的安く行けて、初めての海外一人旅でも楽しめる国を選びました。

  • タイ(バンコク・チェンマイ)
  • シンガポール
  • ラオス(ルアンパバーン)
  • 台湾(台北)
  • インド(バラナシ)
  • ネパール(カトマンズ・ポカラ)

初めての海外にはやや挑戦的な国もひとつ。

どこも楽しめるポイントは異なる国がばかりなので、旅のスタイルに合った国をぜひ見つけてみてください。

①東南アジアの熱気を体感するなら「タイ(バンコク・チェンマイ)」

まずは東南アジアから、旅人定番の国「タイ」。タイは東南アジアの空気を感じつつ、快適に旅ができるので、初めての海外に適した国です。そんなタイからおすすめしたい街をふたつ。

活気に満ちたタイの首都「バンコク」

バックパッカーの聖地と呼ばれる「カオサンロード」があり、世界中から旅人が集まるタイの首都「バンコク」。僕が初めて訪れた旅先でもあります。

旅人同士が気軽に交流できる開放的な雰囲気も魅力的。とくにカオサンロード付近は、夜になると周辺一帯が賑やかに。初めての一人旅なら、その空気感を肌で感じてみるのも醍醐味です。

もちろん寺院や水上マーケットなど、観光スポットも充実しています。日帰りで観光できる遺跡の町「アユタヤー」で象に乗るのもいいでしょう。

ちなみに日本人が多く治安も比較的良い。ファミリマートやスターバックスなど、日本と変わらない部分もあるので、ほどよい旅の刺激が感じられるおすすめの街です。

古都の風景がいまも残る第2の都市「チェンマイ」

バンコクよりもうすこし穏やかな場所なら、タイ北部の都市「チェンマイ」がおすすめ。穏やかな気候に加え、WiFi環境が充実していることから、世界中からノマドワーカーが集まる街でもあります。

おしゃれなカフェが集まる「ニマンヘミン」や、夜のマーケットが素敵な「旧市街エリア」もあり、コンパクトながら様々な見所がある街です。

タイのランタン祭り「コムローイ」に合わせていくと、街中が幻想的な景色で包まれるのでおすすめ。夜は涼しく散歩にも適した街。その穏やかさが気に入り、1ヶ月ぐらい滞在した街です。

②治安良し、利便性良し、短期旅行なら「シンガポール」

今回ご紹介する国のなかでは、もっとも治安がいいシンガポール。東京23区よりすこし大きい国ながら、高層ビルが並ぶ比較的きれいな先進国です。

それゆえ観光スポットは限られますが、短期滞在でも十分楽しめる場所です。「チャイナタウン・リトルインディア・アラブストリート」と多種多様な文化を体感できるのもひとつの魅力。

全体的な物価は高いものの、比較的リーズナブルにご飯は食べれるし、地元の人たちが集まるホーカーに行けば、かなり安くローカルフードを食べれます。

観光はショッピングやエンタメが中心になり、一人旅の刺激はあまり感じられませんが、初めての海外で不安な方は、まずシンガポールから挑戦してみてもいいかもしれません。

③なにもないがいい、のんびりするなら「ラオス(ルアンパバーン)」

もしあなたがなにかに疲れていて、とにかくゆっくりしたい、のんびりしたいと思っていたら、ラオス「ルアンパバーン」をおすすめしたい。

ルアンパバーンはとくに穏やかな場所で、新しいお店が着々と増えつつも、まだまだ閑散としている。ただ、ゆったりと流れる時間に身を任せて過ごす1日も悪くありません。

ルアンパバーンのナイトマーケットほど、のんびり見れる場所をまだ知りません。もちろん値段交渉はするのですが、気持ちはいたって穏やか、ゆっくりと買い物できます。

見所といえば忘れてはならないのが、早朝の托鉢。仏教国であるラオスでは、毎朝袈裟に身を包んだお坊さんが一列になって歩き、道沿いに並ぶ人々からご飯を受け取る「托鉢」が見れます。

④国内旅行から一歩外へ出るなら「台湾(台北)」

今回ご紹介する国のなかではもっとも行きやすい「台湾」。初めての海外で東南アジアが不安な方は、まずは台湾へ行ってみるのがおすすめ。

観光スポットとしては「台北101」や「九份」が有名ですが、カフェやカルチャー好きな人が楽しめるスポットもたくさんあります。

グルメも豊富で美味しく物価も安い。台湾の夜市は台湾ならではなので、グルメ好きなら台湾はぜひ行ってみてほしいです。もしお金と時間に余裕があれば、台中や台南、台東にもぜひ。

⑤ガンジス川を見たい、THE インドを体感するなら「インド(バラナシ)」

初めての海外一人旅でバックパッカーで挑戦的な旅がしたい。そんな方におすすめなのがインド「バラナシ」です。お世辞にも綺麗とはいえないし、治安も他の国と比べると悪い(バラナシに関しては最低限のことを気をつけていれば問題ない)。想定外なことしか起きないし、数時間単位の電車の遅延は当たり前。

客引きの強引さに疲れ、人と話すときに、気を張るシーンが多々ある。だけど、それゆえにいちばん一人旅の醍醐味を感じる場所でもあります。

帰る頃にはいつの間にかインドが名残惜しくなっているでしょう(もしくはすごく嫌いになっているか)。物価は安いし、ご飯も美味しい。金銭トラブルや盗難に気をつける必要はありますが、助けてくれる日本人やインド人もたくさんいる。もし行きたい気持ちがすこしでもあれば、早めに行くことをおすすめします。

⑥ヒマラヤの空気を感じるなら「ネパール(カトマンズ・ポカラ)」

インドはまだちょっとハードルが高い方という方には「ネパール」をおすすめしたい。今回ご紹介する国なかでは、もっとも物価が安いです。ネパールからご紹介したい街はふたつ、「カトマンズ」と「ポカラ」です。

活気に満ちたネパールの首都「カトマンズ」

ネパールの首都「カトマンズ」は人が多く、まだ交通の整備もあまり進んでいない。混沌とした首都というのが第一印象。大気汚染や砂埃で息がしづらいので、鼻と口を覆えるストールやマスクは必須です。

ただ、その混沌とした様子に惹きつけられるバックパッカーが多い。1日に使える水が限られていたり、頻繁に停電も起きる。その不便さも含め、旅の醍醐味なのかもしれません。

タメル地区が主な観光エリアになり、安宿やレストラン、お土産屋などが密集している。タメル地区には美味しいレストランやおしゃれなカフェがあるので、今後が楽しみなエリアでもあります。

ヒマラヤが垣間見える湖畔の町「ポカラ」

インドに行ったことがある人は、口を揃えてネパールはよかったと言いますが、訪れてその理由がわかりました。人が穏やかなんです。インドに行ったら、余計にそれを感じます。

その雰囲気を感じたのは、緑と青が豊かな「ポカラ」という町。これといったアクティビティはないけど、湖沿いにあるカフェで のんびりしたり散歩したり。天気が良ければヒマラヤも垣間見れる。

ヒマラヤトレッキングに参加する人たちが集まる場所でもあるので、余裕があればぜひトレッキングツアーにも参加してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

初めての海外一人旅の前に知っておきたいこと

一人旅には自由と責任が伴いますが、それが旅の面白さでもあります。旅を最大限楽しむために、旅前に知識として知っておきたいことを、いくつかご紹介します。

①海外航空券を安く購入する方法

行き先を決めたら海外航空券の取りますよね。

基本的に安い航空券を探す手順は下記の通りです。探しやすく日程による金額の変動も比較しやすいので、素早く目当ての航空券を探せます。

  1. Googleフライトで「旅先と期間」を入力して検索
  2. いくつか往路便の目星がつけば、スカイスキャナーでも検索
  3. どちらか安い方が分かれば、各航空会社のサイトで予約

ほとんどの海外航空券は、まずこの方法で予約しています。

詳しくは「海外航空券を安く買う方法【GoogleフライトとスカイスキャナーだけでOK】」をご覧ください。安く買う手順とポイントを書いています。

②海外のホテルやゲストハウスを効率よく探す方法

海外航空券を購入すれば、次は宿の予約。

海外航空券同様、宿の比較サイトもたくさんあるんですが、一人旅で利用しているサイトは主に3つです。

訪れる国によって利用するアプリは異なりますが、まずはこの3つで比較するようにしています。

詳しくは「海外ホテル予約サイトのおすすめは3つだけ【使い分けが大切】」をご覧ください。各比較サイトのメリット・デメリットや安くていい場所を探すコツを書いています。

③海外で徹底したいお金の管理方法と初心者必須のクレジットカード

初めての海外一人旅でいちばん気をつけたいのが、お金の管理です。多額の現金を持ち歩くのは危険なので、下記の3つを使い分けるのがいいでしょう。

▼クレジットカード

  • メインとサブのクレジットカード、国際キャッシュカードを分散して分けておく
  • 基本はメインのクレジットカードで支払い(海外航空券は利用付帯のカードで支払い)

▼国際キャッシュカード

  • スキミングの恐れがあったり、クレジットカードを支払う文化がなければ、前もってATMで引き出し
  • ATM引き出しの際は、状況に応じてクレジットカードの海外キャッシュか、国際キャッシュカード

▼現金

  • 現金は空港のATMで前もってすこしだけ引き出す
  • もちろん現金も分散、日本円とドルも持っておく

クレジットカードには「海外旅行保険」付帯するものがあります。

もしまだ海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っていなければ「【海外旅行向け】初めてのクレジットカードでおすすめの2枚はこれ【最低限必須】」をご覧ください。

スポンサーリンク

初めての海外一人旅を楽しむためのTIPS

ゆっくりのんびり一人で楽しむもよし、旅先で出会った人たちとす過ごすもよし、海外一人旅は自由に楽しみ方を決めれます。

①旅のスケジュールはラフに組もう

旅は思い通りにいかないことが多い。電車やバスが遅れることも多々ある。予定の詰めすぎは体調的にも良くないので、余裕を持ったスケジュールにしよう。

行きたい場所とルートをあらかじめ決めておけば、あとは流れに任せるのがいいと思います。想定外のことを楽しむ余裕があれば、ひとり旅も楽しめるでしょう。

②事前に旅先の治安状況を調べておく

事前に旅先の治安状況を調べておく。もっといえば、その国で今なにが起きているのか、ニュースや被害内容をチェックしておくといいです。

詐欺被害の手口など、事前に知っておくことで防げることもあるはず。あとは文化や守るべきマナーを調べておけば、気持ちよく旅ができるはず。

③夜は極力出歩かない

これは女性だけでなく男性も同じ。人気のない夜道を一人で歩くのは危険。ATMなど現金の引き出しも、日中に済ませておきましょう。

あとは周りを警戒する習慣をつけておくこと。行ってはいけない危ない場所や、安全に引き出せるATMは、ホテルの人に聞いておくといいでしょう。

④笑顔と恐れず話す勇気があれば、英語ができなくても心配なし

海外一人旅で心配なのは、言語の壁という人も多いでしょう。でも心配ない。誰も完璧な英語なんて求めていません。

単語ひとつひとつを羅列するだけで通じるのだから心配ない。いざというときは「Google翻訳」で何とかなります。必要なのは、笑顔と話す勇気。

⑤海外一人旅で友達を作りたいなら

もし海外旅行中に友達を作りたければ、下記のような方法があります。自分に合った方法をひとつひとつ試していくといいでしょう。

  • 交流アプリを利用する
  • ゲストハウスに泊まる
  • イベントに参加する

僕は一人がいいときと、誰かと話したいときで、宿泊する場所は使い分けています。自分に合った旅の楽しみ方を徐々に探していこう。

⑥わからないことは積極的に現地の人に聞こう

初めての海外ではわからないことが多い。そんなとき頼りになるのは現地の人。たとえば、ネットには載っていない美味しいお店は、地元の人から聞くことが多い。

滞在先のホテルのスタッフだと聞きやすいと思うので、そこから自分なりに情報収集していくのがおすすめです。

最後に

安全面と健康面には気をつけて、一人旅を楽しみましょう。最後まで読んでくださりありがとうございます。

初めての海外一人旅は、大変なことも楽しいこともあると思います。でもだからこそ、記憶に残るかけがえのないものになるはず。

もしこの記事を読んでくださり、初めて海外の一人旅に行かれた方は、ぜひその経験談をお聞かせください。それでは良い旅を。

今日はこれにておしまい。
それではまた。