海外でスマホをネットに接続するおすすめの方法 3つ【利用スタイル別に解説】

どうも、サタマサト(@mst727)です。

  • 海外でスマホをインターネットに接続する方法がわからない
  • 海外のインターネット接続で、自分はどの方法がいいか知りたい

そんなお悩みを解決する記事です。

初めての海外だと、インターネットを接続するのにどんな方法があって、どれが自分にとって最適なのか選ぶのは、大変ですよね。

今回は僕が海外によく行くなかで、おすすめできるインターネットの接続方法を、利用スタイル別に解説していきます。

海外でスマホをネットに接続するおすすめの方法 3つ

海外でスマホやタブレット、PCをインターネットに接続する方法はいくつかあります。それゆえに、自分にとってなにが最適なのかわかりづらい。

だけど、最適なインターネットの接続方法って実はそんなに多くないんです。ざっくりまとめると、下記の3つになります。

  1. フリーWiFi
  2. SIMカード
  3. ポケットWiFiルーター

経験上3つのどれかを選べば間違いないです。どんなスタイルの人が適しているのか、メリット・デメリット含め、解説していきます。

ちなみに普段使っているスマホは、日本出国時に「データーローミング」をOFFにしていきましょう。これで高額請求は防げます。

1. フリーWiFi

あらかじめ現地のWiFiスポットを調べておけば、いちばん手軽にインターネットに繋げる方法。

日本でもカフェやWiFi設備が整っているエリアが増えてきましたが、海外も同じように、WiFi設備のあるエリアが多いです。

◎メリット

  • 無料で気軽に使える点
  • パックパッカー的な旅ができる

 

△デメリット

  • セキュリティ面
  • 通信速度が惜しい場合もある

 

□こんな人におすすめ

  • インターネットはホテルで繋げたらOKという人
  • 通信にコストをかけたくない人

旅行を目的とした短期滞在で、あまりインターネットを使わない人は、フリーWiFiでも十分。

ただし、現地の電話番号を発行しないとWiFiに繋げない国もあるので、まず旅先のWiFi事情を調べましょう。詳しくは「海外でフリーWiFiを使う方法【使い方と危険性を解説】」をご覧ください。

2. 現地のSIMカード

旅先で現地のキャリアに対応したSIMカードを購入し、SIMフリーのスマホに差し替えて使う方法。

割安で基本はプリペイド式なので、高額請求の心配もない。上級者向けのインターネット接続方法ですが、慣れてしまえば簡単。

◎メリット

  • 料金体系が安い
  • 長期滞在や渡航頻度の多い人に適したプラン

 

△デメリット

  • SIMフリースマホを持ってないと使えない
  • 初心者には設定方法のハードルが若干ある

 

□こんな人におすすめ

  • 長期滞在や渡航頻度が多い人
  • SIMフリーのスマホを持っている人
  • 海外で常にスマホを繋がる状態にしておきたい人

国内で買えるものもありますが、より安く済ませたいなら、現地キャリアでの購入がおすすめ。

現地の空港で購入でき、基本的に設定はお店側でやってくれるので安心です。詳しくは「海外SIMカードのおすすめの使い方はひとつだけ【初心者も安心して使えます】」をご覧ください。

3. 海外用ポケットWiFiルーター

旅先で使えるポケットWiFiルーターをレンタルし、いつでもどこでもWiFiに繋げれる方法。

海外出張用に使っている人が多い印象のポケットWiFiルーター。インターネット予約で空港で受け取り返却もできるので便利。

◎メリット

  • 複数人でもWiFiを共有できる
  • PC作業も快適
  • 容量をあまり気にする必要なし

 

△デメリット

  • 本体や充電器などの荷物が増える
  • 毎日充電する必要がある
  • 事前予約や受け取り・返却が面倒

 

□こんな人におすすめ

  • 海外出張でPC作業が主な人
  • 複数人でWiFiを使いたい人

現地SIMカードよりは高くなりますが、海外出張など仕事目的の短期滞在であればおすすめ。

主要な海外Wi-Fiレンタルサービスはいくつか種類があるんですが、そのなかでもメジャーなものはこちらになります。

業界最大手の「イモトのWiFi」や「グローバルWiFi」はご存知の方も多いと思います。

上記4つのサービスの料金やサポートを比較して選ぶと、問題ないでしょう。詳しくは「海外WiFiレンタルのおすすめは4つだけ【比較した特長と向いてる人も解説】」をご覧ください。

利用スタイル別まとめ

利用者別におすすめするなら下記の通りです。

  • 長期滞在かつ一人なら、現地のSIMカード
  • 数日間の滞在かつ一人なら、フリーWiFi
  • 数日間の滞在かつ複数人で使うなら、WiFiルーター

僕は常にWi-Fiが使えないと困るので、現地のSIMカードを購入することが多いですね。

大手通信キャリアの「国際ローミング」プランはおすすめしない

大手通信キャリアの「国際ローミング」プランみたいなものがあるんですが、現状コストを下げたい方にはおすすめできません。他の方法と比べてもかなり割高なんですよね。

僕自身、大手通信キャリアの月額コストを下げたくてSIMフリーにしたので、大手通信キャリアの月額コストが気になっている方は、SIMフリーのスマホをおすすめします。

スポンサーリンク

海外でスマホをネットに接続できる状態にしておくべき理由

ここからはおまけ話になります。僕の実体験を通して、海外でスマホをインターネットに接続できる状態にしておくべき理由を、最後に説明します。

①いつでも外部に状況を知らせる手段を持つため

海外だと日本の生活をそのまま再現するのって、なかなか難しい。気を張らなければいけない場面が多いですよね。

いちばん気が張る部分はやはり治安面。なにかあったときすぐ誰かに連絡できるように、インターネットが繋がっている状態を維持するのはとても大切なこと。

万が一危険な場面に遭遇したとき、すぐ助けを呼べる状態にしておけるように備えましょう。

②自分の位置を常に把握しておくため

これは治安面の話にも繋がるんですが、自分は今dここにいるのか常に把握しておくことってすごく大事です。

例えば、乗ったバスやタクシーが本当に目的地に向かっているのかとか。海外だと目的地と関係ないところに連れて行かれることはありますからね。

一度インドで乗ったバスが全く違う郊外まできてしまって、そのときはインターネットの接続手段がなかったので、かなり不安になり困ったことがあります。

すこし歩くとカフェがあり、そこの店員さんにテザリングしてもらって助かりました。

③現地のアプリを使いこなして快適に旅をするため

あとは旅の快適さを保つためです。例えば現地でタクシーを呼びたいとき、配車アプリがあると便利です。

だけどスマホがインターネットに繋がってないとアプリを使えないですよね。バックパッカー的な旅であれば、あえて不便を楽しむのもあり。

だけどすこしでも快適な旅が希望であれば、あらかじめアプリをダウンロードし、インターネットに接続できる状態にしておくと便利です。

最後に

  • 長期滞在かつ一人なら、現地のSIMカード
  • 数日間の滞在かつ一人なら、フリーWiFi
  • 数日間の滞在かつ複数人で使うなら、WiFiルーター

海外でインターネットを接続する方法を利用スタイル別にまとめてみました。それぞれの詳細については、また別記事で解説できればと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。これから海外へ行かれる方の参考になれば嬉しいです。

今日はこれにておしまい。
それではまた。

 

▼こちらの記事もおすすめ