やりたいことが見つからない問題の解決方法はひとつだけ【時代も年齢も関係ない】

やりたいことが見つからない問題の解決方法はひとつだけ【時代も年齢も関係ない】
2019年6月5日

どうも、サタマサト(@mst727)です。

  • やりたいことが見つからない、わからない
  • やりたいことをどうすれば見つけられるか知りたい

そんなお悩みを解決する記事です。

▼記事の内容

  • やりたいことが見つからない問題の解決方法はひとつだけ
  • やりたいことが見つからないループから抜け出す

おそらくこの悩み、子ども大人問わず、共通のテーマですよね。僕はてっきり大人になれば、やりたいことは見つかるだろうと思っていれば、なかなかそうじゃないみたいです。

でも、これまでの生きてきたなかで、なんとなくわかってきたことがあります。

やりたいことが見つからない問題の解決方法はひとつだけ

それはまず「自分がどうありたいか」を考えること。最初からやりたいことがある人って、実はすごく少ないんじゃないでしょうか。

だけど、やりたいことや仕事からすこし離れて、考える入口を、自分自身が「どうありたいか」に変えてみると、意外とあると思います。

どうありたいかを考えてみる

やりたいことはあくまで「ありたい自分」を叶える手段なんですね。だからこそ選択肢は無数にあるし、時と場合によって変わることもあります。

だけど、自分がどうありたいかは簡単には変わらない。自分が幸せになれる条件みたいなものなんですね。まずはここを書き出してみることから始めてみるとことをおすすめします。

やりたくないことから考えてみる

もしなかなか筆が進まないのであれば、やりたくないことから、ありたい自分を考えてみるのもありです。やりたいことをやるというのは、それ以外のやりたくないことをやらないと同義です。

  • 毎日満員電車に乗りたくない
  • 毎日深夜まで残業したくない
  • 上司に毎日怒鳴られたくない
  • 毎日スニーカーをしたくない
  • 毎日デスクワークしたくない

やってみると、意外とやりたくないことはすらすらと出ると思います。そしてやりたくないことの逆が、自分がどうありたいかを形成する要素なんですね。

目標が見えたらあとはやるだけ

自分のありたい像から考えていくと、徐々に目標みたいなものが見えてきます。それを達成するために、やるべきことも見えてきます。

そしてここからがいちばん大切なんですが、描いた道に沿って行動を起こすんです。やるべきことをやるだけです。

もちろんそれ自体はやりたいことではありません。だけど、大抵やりたいことが明確になってくるのは、目標に向けて行動しているときです。

スポンサーリンク

やりたいことが見つからないループから抜け出す

最初から夢があってそれを目指せる人なんて、ほんの一握り。だからこそまずは、目の前のことをやる。やっぱり行動を起こさない限りは、物事は前に進まない。

RPGとかがすごくわかりやすい例ですが、最初の村でずっとなにをしたいかの悩んでいても、物語は進まないですよね。自分が行動を起こしたことで、初めて見えてくる世界があるんです。

考えてからやる人、やってから考える人

自分のやりたいことを見つけ、行動をし続けている人は、圧倒的に成長スピードも速いです。ではどこに成長する人としない人の差が生まれるのか。

それは考えてからやる人と、やってから考える人の行動の違いです。そして前者の人は、考えるだけで終わる人も多い。やりたいことが見つからないまま止まってしまう人です。

いつの時代もやる奴はやる。やらない奴はやらない

ミュージシャンである矢沢永吉さんが、とあるインタビューで言った言葉です。考えて悩んで行動を起こせない人のなかには、他人の目を気にする人もいると思います。

やっぱり嫌われたらどうしようとか考えることもありますもんね。

だけど、他人のために生きていないし、すべては自分に納得感があれば、どんどん行動しちゃっていいと思うんです。いつだってやったことのある人は、その行動をバカにしたりはしませんよ。

やるときは本気を出す

やるときはただやるだけじゃダメ。本気を出しましょう。

やった時間は無駄にならないといいますが、経験上、自分が惰性でやった時間は容赦無く無駄になります。そこに学びや成長はありません。

本業があれば工夫できる点を探して、どうすれば100%を120%にできるか考えてみる。

そっちの方が結果もよりインパクトがあるものになるし、自分が本気でやったことに対しては、かならずその後の糧になります。

最後に

ということで、よく話題に上がる内容なので、自戒を込めて書きました。いまの時代に特別楽観的なわけじゃわけではありませんが、かといって悲観的なわけでもありません。

矢沢永吉さんが言ったように、いつの時代もやる奴はやる。やらない奴はやらないだけで、常に自分の人生は周りではなく自分にあります。やりましょう。

やりたいことが見えてきた人には、それで稼ぐ方法を考えましょう。詳しくは「好きなことを仕事にする方法【よくある勘違いと正しい仕事論】」に書いているので、ご覧ください

今日はこれにておしまい。
それではまた。