海外旅行で安全にクレジットカードを使うための注意点とトラブル対策まとめ

どうも、サタマサト(@mst727)です。

  • 海外旅行中にクレジットカードを安全に使う方法を知りたい
  • 海外旅行中に起きたトラブルの事例と対策を知りたい

そんなお悩みを解決する記事です。

▼記事の内容

  • 海外でクレジットカード安全に使うための注意点
  • 海外旅行中に起きるトラブル事例とその対策

「海外旅行でクレジットカードを使うときに、なにに気をつければいいのかわからない」という方は多いと思います。

これまでアジア周辺からインド周辺まで、約3ヶ月スパンで日本と海外を行ったり来たりしてきたので、海外旅行のクレジットカードの扱いで意識しているポイントがあります。

この記事では、海外旅行でクレジットカードを安全に使うための注意点と、海外でよくあるトラブル事例と対策をお伝えします。

海外旅行で安全にクレジットカードを使うための注意点

まずは、海外旅行でクレジットカードを安全に使うために、知っておきたいポイントをまとめました。安心して海外旅行に行くために、準備できることはしておきましょう。

▼海外旅行で安全にクレジットカードを使うための注意点

  1. 海外ではクレジットカードが必須
  2. 海外旅行保険付きのカードを複数枚持つ
  3. カードの自動付帯と利用付帯を使い分ける
  4. 国際キャッシュカードも持っておく
  5. 利用限度額と有効期限の確認をしておく
  6. 困ったときの緊急連絡先をまとめておく

注意点:①海外ではクレジットカードが必須

「海外旅行でクレジットカードは必要あるの?」という方に、そもそもなぜ、現金ではなくクレジットカードをおすすめするのかを、お伝えします。

▼クレジットカードをおすすめする理由

  • 多額の現金の持ち歩きはリスクあり
  • カードには海外旅行保険がついている
  • カードがないと不便なケースが多い

多額の現金の持ち歩きはリスクあり

海外では多額の現金の持ち歩きは危険です。現金だけだと相当な額になり持ち歩くのは大変な上に、盗られたらそこで終了。盗難にあったお金は戻ってきません。

でも、クレジットカードなら盗難にあったとしても、カード会社に連絡すれば問題なし。カードの不正利用も防げるし、仮に不正利用されたとしても、補償してくれる可能性が高いです。

カードには海外旅行保険がついている

クレジットカードには、海外旅行保険が無料でついているものがあります。海外で怪我をしたり、病気になったりして病院に行くと、医療費が驚くほど高額です。

海外旅行保険付きのクレジットカードを複数枚持っておくことで、それらをカバーできるんですね。クレジットカードには海外旅行保険は必須。ここについては後ほど詳しく触れますね。

カードがないと不便なことが多い

海外に行くとクレジットカード払いは一般的かつ、オンライン決済なときも多いので、現金払いだと不便なことが多いのも事実。

たとえば、航空券やホテルの予約はオンラインでクレジットカード決済で行うことが多いので、現金だと若干手間がかかってしまいます。

注意点:②海外旅行保険付きのカードを複数枚持つ

海外用クレジットカードの鉄則ですが、海外旅行保険付きのカードの複数枚持ちが基本です。最低でも2枚は必須。理由は大きくふたつあります。

  • 盗難や紛失のリスクを軽減するため
  • 海外旅行保険の補償金額を増やすため

お持ちでない方は「海外旅行におすすめのクレジットカード厳選5枚【保険の組み合わせが重要】」の記事で、最適なクレジットカードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

注意点:③カードの自動付帯と利用付帯を使い分けよう

海外旅行保険付きのクレジットカードには、自動付帯保険と利用付帯保険の2種類があります。ふたつの種類を使い分けることで、クレジットカードの効果を最大限に発揮できます。

  • 自動付帯(海外旅行中に持っていくと自動で適応される保険)
  • 利用付帯(公共交通機関の料金などをカードで決済することで適応される保険)

自動付帯の方が使い勝手がいいですが、利用付帯もカードによっては柔軟に利用できます。それぞれの使い分けについても、こちらの記事を見ていただけるとわかりやすいと思います。

注意点:④国際キャッシュカードも持っておく

クレジットカードだけでもいいんですが、国によっては現金が主流な国もあるので、やはり多少の現金は必要です。

クレジットカードの海外キャッシュでもいいんですが、稀にATMではクレジットカードが使えないことも。そんなときのために国際キャッシュカードも持っておきましょう。

注意点:⑤利用限度額と有効期限の確認をしておく

海外旅行中、カードの利用限度額が少ないために使えなくなることがよくあるので、事前に確認しておきましょう。限度額が少なく不安な場合は、前もって増枠しておくといいでしょう。

また、海外に長期滞在する場合は、クレジットカードの有効期限の確認も忘れずに。有効期限が切れそうな場合は、事前にカードを更新しておくこといいでしょう。

注意点:⑥困ったときの緊急連絡先をまとめておく

もし盗難にあった場合、荷物すべて盗まれることもありますが、そのときにスマホなどの通信手段がなくなると慌ててしまうので、事前にできる準備はしておきましょう。

ネットにすぐつながる環境であればとくに心配ないですが、困ったときの最低限の連絡先は、アナログで保管しておいても良さそうですね。

海外旅行で安全にクレジットカードを使うためのトラブル対策

海外旅行中に起こりうるクレジットカードのトラブルは大きく3つ。

  1. クレジットカードが不正利用される
  2. クレジットカードが紛失、盗難にあう
  3. クレジットカードが機能しなくなる

基本的にはこの3つのどれかだと思います。それぞれの対策を見ていきましょう。

トラブル①:クレジットカードが不正利用される

不正利用はスキミングから起こるので、怪しいと思う場所では、クレジットカードを使わないこと。個人商店や道端にあるATMは使わない方がいいです。

ショッピングモール内のお店やATM、観光客がよく行くレストランやチェーン店はOK。それでも未然に防ぐのは難しいので、毎月の請求額は必ず確認しましょう

おかしいと思ったらカード会社にすぐ連絡です。

トラブル②:クレジットカードが紛失、盗難にあう

カードの紛失や盗難にあった場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡して、カードの利用を停止してもらうこと。それだけでまずはOKです。あとは予備のカードを使いましょう。

現金だと盗まれたらもう戻ってくることはないので、その点、クレジットカードの方が安心して利用できますね。現金よりクレジットカードの方がリスクはありません。

トラブル③:クレジットカードが機能しなくなる

海外のATMでカードが吸い込まれたりして、クレジットカードそのものが機能しなくなることがあります。これは海外だとよく聞く話です。

ATMに吸い込まれた場合だと、基本的に解決策はふたつ。

  • 銀行に電話してスタッフに対応してもらう(でも時間がかかる)
  • カード会社に連絡して停止してもらう

カード会社に連絡する際は、Skypeで国際電話するといいでしょう。

これも事前に対処するなら、だれも使ってなさそうなATMは利用せず、ショッピングモールやホテル内、銀行のATMを利用しましょう。

最後に

海外旅行におけるクレジットカードのトラブルはすべて解決できます。そして、事前に備えておくことで回避できるトラブルもあります。

せっかくの海外旅行なので、未然に防げるものは防ぎ、思う存分海外を楽しみましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。今回の記事が、これから海外旅行に行かれる方のお力になれば、とても嬉しいです。

今日はこれにておしまい。
それではまた。

 

▼こちらの記事もおすすめ