海外旅行先での友達の作り方【使ったおすすめアプリも紹介】

どうも、サタマサト(@mst727)です。

  • 旅先で海外の友達をつくりたいけど方法がわからない
  • 海外の友達がつくれるアプリを知りたい

そんなお悩みを解決する記事です。

▼記事の内容

  • 現地で海外の人と友達になる方法
  • 海外の友達ができるおすすめのアプリ

「海外の友達をつくりたいけど、英語もあんまり話せないし、きっかけがない」という方はいらっしゃると思います。

僕もどちらかというと友達をつくるのは苦手な方なので、積極的に話しかけることはあまりないですが、それでも海外に行ったら、会って話せるような友達がいます。

この記事では、これまでの僕の経験を踏まえて、海外で友達をつくる方法をご紹介していきます。

海外旅行先での友達の作り方

海外で友達をつくるときに、「英語が話せないから無理」と思われる方も多いと思うんですが、それはさほど重要ではありません。Google翻訳があれば、なんとかなることが多いです。

もちろん話せるに越したことはないんですが、それよりも話そうとする、聞こうとする姿勢の方が、よっぽど大切なことだと思います。

それらを踏まえた上で、僕が海外の友達をつくる上で、意識していることをお伝えします。

▶︎英語ができない人でも海外旅行はできる。一人旅で大切なのは恐れず伝える姿勢

自分から笑顔で話しかける

「それができたら苦労しないよ」という声もありそうですが、やっぱりどんな場所でも自分から話しかけれる人は強いです。

友達になるまでの過程は、コミュニケーションの積み重ね

そして、コミュニケーションは自分か相手の、どちらかが話しかけて始まるもの。それであれば話しかけた方が、友達できる確率は高いですよね。

まずは自分から笑顔で話しかけて、友達になるきっかけを作ることが大切。

あと海外の場合は、日本で話しかけるより、圧倒的にハードルが低いです。自分が外国人である立場を利用して、話すきっかけはいくらでもあるので、ぜひ一歩踏み出してみてください。

街の人が集まる少人数イベントに参加する

海外の人と話すきっかけがあるイベントに参加するのもおすすめです。とくに小規模なイベントは、いたるところで開催されているので、SNSやアプリで探してみるといいでしょう。

なにかきっかけがなければ、なかなか話しづらいかもしれませんが、このきっかけさえ作れてしまうと、意外と話しかけやすいもの

共通のテーマがすぐ見つかるのも利点ですね。イベント探しによく利用するSNSや、オンラインアプリは、後ほど紹介しますね。

ドミトリーや共有ラウンジがあるゲストハウスやホテルに泊まる

王道のパターンですが、バックパッカーの人は、ここで友達になることが多いと思います。一人旅の人が多いので、お互い自然と話しかけやすく、友達になりやすいんですよね。

ぼくも共有スペースで話しかけたりしながら、そのままご飯を一緒に食べにいったりすることが多かったです。いちばんハードルが低いおすすめの方法です。

あらかじめSNSで会いたい人にコンタクトをとる

ぼくが学生の頃、よくやってた旅の仕方なんですが、あらかじめ行く国に住んでいる人を、SNSで探して連絡する方法です。

自分がどういう人間なのかっていうのが、ある程度相手にわかれば、お会いしてくださる方が多かったです。

そのためにも、自分の人となりがわかる個人メディア(ブログでもYouTubeでもSNSでも)があるといいですね。

話題になる趣味や特技を持つ

海外の人とのコミュニケーションに、結構ぼくは趣味や特技に救われています。とくに言語が異なる人とは、共通の趣味や、披露できる特技があれば、一気に距離が縮まります。

つまり、コミュニケーションのフックとなるものがあればいいんですね。

ぼくは写真を撮るのが好きなのと、ギターを弾くのが好きなので、そこからコミュニケーションに発展することが多いです。kとばを交わさなくとも通じる趣味や特技を身につけるのも大いにありです。

海外で友達を作るために利用したアプリ

現地に着いてから話しかけて友達になることが多いですが、あらかじめ準備できることがあれば、しておくに越したことはありません。

そんな旅の準備で実際に使っているオンラインサービスや、アプリをご紹介します。FacebookやTwitterなどのSNSは省きますね。

Couchsurfing(カウチサーフィン)

海外で宿泊先を探している旅人と、無料で泊めてくれる人をつなげる、オンラインコミュニティサービスです。宿泊以外にも、観光案内や、ご飯を食べるだけなど、いろんなシーンで利用可能です。

ぼくも学生時代に利用することが多かったんですが、Coucchsurfingで友達になった人は、いまだに仲良く連絡も取ってますね。

おなじようなサービスでAirbnbもありますが、Couchsurfingの場合は無料なので、もうすこしカジュアルな感じがします。

▶︎Couchsurfing(カウチサーフィン)

Meetup(ミートアップ)

訪れた街で行なっているイベントを探し、参加できるオンラインアプリ「Meetup」。イベントといっても大規模なものではなく、小規模なものが多いので、気軽に参加できるのがいいですね。

みんなで写真を撮るイベントもあれば、言語学習やいま話題のテクノロジーについて話す会など、内容はさまざま。

アプリなしでは、そういったイベントを知るのは難しいので、重宝しますね。ちなみにFacebookやCouchsurfingでも、似たような機能があるので、合わせてチェックしてみてください。

▶︎Meetup(ミートアップ)

HelloTalk(ハロートーク)

「HelloTalk」は、学習したい言語のネイティブスピーカーとやりとりができる、言語学習・交流アプリです。チャットが好きであれば、利用してみる価値はあると思います。

紹介したなかではいちばん利用頻度は少ないですが、言語学習を兼ねて、訪れた街のローカルスポットを聞いたりしていました。

▶︎HelloTalk(ハロートーク)

最後に

訪れた国がよかったかどうかは、ぼくの場合、出会った人がどうだったかと、ほとんど変わりありません。

もちろん街の景色が良かったり、ごはんが美味しかったり、いろいろと好きになる要因はあるんですが、大抵ぼくがまた行きたいと思う街は、真っ先に人の顔が浮かぶ場所ばかりです。

こうして世界との距離がもっと近くなれば、世界はすこしでも平和になるのかなと思ったり。すこし壮大な話になりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

今回の記事が、これから海外旅行へ行かれる方のお力になれば、とても嬉しいです。

今日はこれにておしまい。
それではまた!