社会人が不安な方へ。働くを楽しむ7つのコツ

今日は仕事の打ち合わせで、前職の職場に行ってきたんですが、ちょうど入社式を終えた新卒の方たちとお会いしました。

彼らのきちんとした身なりや初々しいスーツ姿を見たとき、自分も5年前はこんな感じだったのかなあと、懐かしくなりました。

ひとつ嬉しいことがありました。それは、会社をやめたいまでも、同期と一緒に仕事をさせてもらっているということ。

むかしは、会社を辞めたら一緒に働く機会なんてない、そう思っていたから、苦楽をともにした同期とふたたび仕事ができるのは、なんだか嬉しい。

そんないまだから言えるのは、社会人は、間違いなく楽しい。いや、自分で楽しくしていくものだということ。

「じゃあどうすればいいの?」という声が聞こえてきそうなので、今日は新しい生活が始まる社会人の方に向けて、働くを楽しむコツを送れたらと思います。

社会人が不安な方へ。働くを楽しむ7つのコツ

社会人になるって、なんだかソワソワしますよね。ぼくは期待半分、不安半分でした。そんな過去の自分に向けてじゃないですけど、社会人生活、不安だなあと思っている方に向けて書きます。

働くを楽しむコツは、これまで聞いたことのあるような、シンプルなことばかりです。だけど、5年経ったいまも大切にしていることばかりなので、なにかしらの参考になれば幸いです。

①できないのは当たり前

仕事をはじめると、「自分ってこんなにできなかったのか」と、落胆することがあります。ぼくは毎日落胆の連続でした。自分で仕事はできる方だと、過信してたんだと思います。

じゃあ解決策はなにかというと。

自分のできなさを謙虚に受け止め、ひとつひとつのことを地道にこなすこと。はじめから、なんでもできる人はいません。できてたら今ごろ全員億万長者です。できないなりに、考え、行動していきましょう。

 

②やってみて、やりきる

地道にこなしていくときのポイントはひとつ。やってみて、やりきることです。最初は、言われてやることもたくさんあると思います。そんなときは四の五の言わず、まずやってみる。

そしてやりきる。やってみる人は多いのですが、やりきる人は意外と少ない気がします。自分でやると決めたことを、やりきってみる。

するとそれは実績になり、自信になります。小さな自信を積み重ねていきましょう。時間が経てば、誇れる強みになっているはずですから。

 

③真似ぶ

やってみるときのコツは、真似ぶことです。おそらく働きはじめると、すごいなあと思う方の近くで仕事をする機会があると思います。

そんな人がいたら、働き方を真似てみましょう。守破離でいう「守」を身につけようってことですね。なんでもコピバンからです。

基本の型なしに、自分のオリジナルは活きてきません。身をもって体験しているので、まずは基本となる軸を身につけてから、個性を発揮していきましょう。

 

④思いやる

働きはじめると、「報告・連絡・相談」が大切だとよく聞きます。それはなぜか。つまるところ、思いやりを持つことが大切なんだと思います。

たとえば、なにかをしてもらったときに「ありがとう」と言えるか。だれかの「ありがとう」で仕事って頑張れたりするんですよね。

細やかな思いやりが、現場の空気をつくります。あなたがされて嬉しかったことはなにか。そんなことがすこしずつ誰かにできるといいでしょう。

 

⑤自分の考えを持つ

社会人になると、知らないことってたくさんあります。そしてやることのほとんどが、初めてだと思います。でも大丈夫。知らないことは知ればいいだけです。

いまのこの時代、調べればすぐに答えは出てきます。大切なのは自分で思考することです。初めてのことをやるにしても、自分ならどうするか、自分なりに考えを持った上で、人に相談できるといいですね。

だれかに質問や相談をするときは、「自分はこう思うんですけど」と、自分の考えを持ちながら話すと、相手も答えやすいですよ。

 

⑥自分の休め方を知る

この先、辛いことや苦しいこと、泣きたくなる日があると思います。そしてもし、自分の身体が耐えれなくなったら、迷わず「休む」という選択をしましょう。

そして、自分の休め方を知りましょう。健康じゃないとなにもできないですから。

自然のある場所に身を置くのか、美味しいご飯を食べるのか、心身健やかに保つ方法を知っておきましょう。ぼくは半年に一回、1週間ほど海外に行っていました。

 

⑦好奇心を持ち続ける

仕事をはじめると、目の前のことに忙殺され、近視眼になりがちです。視野も狭くなってしまいます。そうならないためにも、好奇心を持ち続けましょう。

好奇心の持ち方も、まずはやってみる。そして、日常の中に「?」を持つこと。たとえば、本を読んでみるでもいいし、なにか趣味を身につけてもいいかもしれない。

その好奇心はこれからどう生きていくのかは、正直わかりません。だけど、ある瞬間につながることがあるんですね。スティーブ・ジョブズの「Connecting The Dots」です。

 

最後に

ありきたりなことばかりですが、案外大切なことって、すごくシンプルなことだったりします。

社会人になって5年経ちましたが、意外と心に残ってるものは、これまで聞いてきたようなことばかりです。確実に異なるのは、言葉の重み。

抽象的なことばかりで参考になるかわかりませんが、もし辛くなったとき、そっと頭の片隅から思い出してもらえれば、とても嬉しいです。

あと、もし読んでない方がいらっしゃれば、ぜひこちらの本も読んでみてください。こちらも壁にぶつかったとき、助けになってくれるはず。

 

 

ちなみに「僕が大切にしている7つのこと」という記事を、去年書いたのですが、こちらもなにかしらの参考になるかもしれません。

ぜひ読んでみてください。社会人、楽しいですよ。

今日はこれにておしまい。
それではまた!