海外航空券の格安な取り方と空港で快適に過ごす方法

どうも、佐田真人(@mst727)です。

今年は海外に行く機会が多く、行く先々で片道の海外航空券を取っては移動をしていたんですが、「できるなら安く買いたい!」と思うのは、皆さんもおなじはず。

ということで、海外航空券を安く取るための工夫と方法や、自分なりの快適な空港の過ごし方を書いていこうと思います。

海外航空券の比較サイト→各航空会社のサイトで安く買う

ほとんどの海外航空券は、まず「skyscanner(スカイスキャナー)」で調べて、いくつかの航空会社にあたりをつけたあと、各航空会社のサイトで購入するようにしています。

全体的にどれぐらいの相場でチケットが販売されているのかを確認して、期間・時間帯・価格面で良さげな航空会社をピックアップする感じですね。

海外航空券の比較サイト「skyscanner(スカイスキャナー)」で調べる

スカイスキャナーを使い続けている理由は、とにかく使いやすいこと。そして経験上ほかの比較サイトよりも、いちばん安い海外航空券を表示してくれるから。

いつも海外航空券を探したりするとき、「こんなに安く行けるんだ」と驚くこともしばしば。「行き先指定なし」でも検索できるので、安く行ける国を探すのも楽しいですよ。

ちなみにヨーロッパの国を調べてみると、今なら10万円以下でいけますね(2018年12月21日時点)。安い。

という感じでほとんどの海外航空券は、スカイスキャナーで調べるんですが、あまりいいものがなかった場合、ほかの比較サイトもチェックします。見ているサイトはこちらの通り。

その他チェックする海外航空券の比較サイト

各航空会社の予約サイトで再度調べる

このままスカイスキャナーだけで購入してもいいんじゃないかと思うんですが、安い海外航空券を購入するときは必ず各航空会社から再度調べるようにしています。

というのも、検索結果で出た金額の海外航空券がないことがあるんですね。安い航空券を見つけたと思い購入画面に進んだら、金額が高くなっていることもあります。

そのため再度スカイスキャナーに出てきたいくつかの航空サイトを、直接調べるようにしています。すると以外に安い航空券が見つかったりするんですよね。

よくチェックする航空会社のサイト

  • Airasia
  • PEACH
  • ジェットスター

海外航空券を取るときの工夫と注意点

ここからは海外航空券を取るときに、意識している点と注意点をいくつかお伝えします。

海外航空券を格安で取るときにしている工夫

  • 海外航空券は調べたときに買う
  • シーズンや人が行きそうな日程・時間帯を外す
  • 搭乗券や旅程表はスマホで見れるようにしておく

①海外航空券は調べたときに買う

海外航空券は調べたときが買い時です。「買うのを後回しにして次見たときは高かった」なんてことは数知れず。

航空券の価格はシーズンや空席の状況によって変わってくるので変動するもの。見たときが買い時ですよ。

②シーズンや人が行きそうな日程・時間帯を外す

シーズンや人が行き来しそうな日程や時間帯を外すだけで、航空券の金額はかなり変わってきます。

曜日でいうと「行きは金曜土曜、帰りは日曜月曜」、時間帯だと「行きは朝、帰りは夜」の方が価格的には高いです。

③搭乗券や旅程表はスマホで見れるようにしておく

昔はよく搭乗手続きをするときに、搭乗券を紙で求められることが多かったんですが、いまはスマホで見れるようにしておけば、紙に印刷する手間も省けます。

ただ海外だと通信が遅く、搭乗券が開けないこともあるので、オフラインで開けるようにしておくと、搭乗するときも便利ですね。

海外航空券を取る際の注意点

  • 片道航空券で取るときは前もって確認する
  • 海外航空券比較サイトの価格を鵜呑みにしない
  • 経由便を探してみる

①片道航空券で取るときは前もって確認する

海外航空券を片道で取る場合は、前もって可能かどうか、その国の情報を調べましょう。

調べずに海外航空券を片道で取って、搭乗手続き直前で復路を予約したことも何度かあったので、事前に調べておいて損なしです。

②海外航空券の比較サイトの価格を鵜呑みにしない

海外航空券の比較サイトの価格は、荷物の料金などを含めた諸々の金額を抜いたものです。なのでトータルの金額を含めると、ほかの航空券の方が安くなることも。

旅のスタイルに合わせたトータルの金額で、航空券を比較してみてください。

③経由便を探してみる

直行便より経由便の方が、時間はかかりますが、その分金額も安くなります。

とくにマレーシアや香港を経由する便は、組み合わせによって安い便があるので、旅慣れた方はぜひ探してみてくださいね。

空港の快適な過ごし方

格安の海外航空券を取ると経由便が多くなるんですが、乗り換えに半日以上空港で待つこともよくあります。

とくに深夜に空港へ到着することもあるので、街に出ることはありません。空港ではほとんどの時間をラウンジで過ごしています。

それも多くの空港にある「会員制の空港ラウンジ」です。会員制の空港ラウンジが利用できると、とても快適に過ごすことができるのでおすすめ。

空港ラウンジを利用するとこんな良いことがあります

  • 混まないのでゆっくりできる
  • ドリンクや軽食がある
  • Wi-Fi完備でノマドワークもOK

会員制のラウンジなので混雑することがなく、24時間入れるところもあるので、空港でゆっくりできるのが嬉しいです。

ドリンクや軽食はもちろん、Wi-Fiもあるので、搭乗時間まではノマドワークも快適にできます。

これらのラウンジは、「プライオリティパス」というカードを持っておくことで、世界中の空港で無料に利用できるんですね。

プライオリティパスの会員になろう

「プライオリティパス」は世界143カ国、合計1200カ所以上のラウンジが使えるサービスのこと。プライオリティパスの会員証があることで、世界中の空港ラウンジが使い放題というわけですね。

ただプライオリティパス単体で会員になると、年会費が日本円にして約4万円と、かなり高額な金額になります。頻繁に海外に行かない人以外は、かなりVIPな金額ですよね。

ただそんなプライオリティパスを、年会費無料で入手できる方法があるんです。それはプライオリティパスを無料で発行できるクレジットカードを発行すること。

無料でプライオリティパスを入手する方法

その代表格となるクレジットカードが、年会費1万円(税別)の「楽天プレミアムカード」。年会費4万円かかるものが、1万円と、3万円分もお得になるんです。

海外旅行によく行かれる方なら、プライオリティパスを単体で入手するより、楽天プレミアムカードを先に作って、申し込んだ方が圧倒的にお得なんですよね。

しかも「楽天プレミアムカード」の良いところは、海外旅行傷害保険が付帯しているので、海外旅行とも圧倒的に相性がいい。

月額1000円ぐらいで、世界中のラウンジが無制限に利用できるので、よく海外に行かれる方は作って損はないと思います。

最後に

とはいえ最初は年会費1万円は高いかなと思っていたんですが、深夜の便で空港着いたときに空港ラウンジを利用できるありがたさを実際に感じたら、全然安いもんだなと感じるようになりました。

ご興味ある方は「楽天プレミアムカード」を発行してから、ぜひ「プライオリティパス」も合わせて入手してみてください。

今日はこれにておしまい。
それではまた!