自分に合ったブログサービスの選び方【はてなブログ・WordPress・noteの違いから見る】

どうも、佐田真人(@mst727)です。

  • 「ブログを始めようと思ったものの、どのサービスを選べばいいかわからない」
  • 「ブログを運営できる主要なサービスの違いが知りたい」

そんなお悩みを解決する記事です。

▼記事の内容

  • これまでのブログ運営からいえること
  • はてなブログ・WordPress・noteのちがい
  • 有料のWordPress + noteの使い分けがおすすめ

今回はブログを始めるにあたって、ブログサービスの違いとおすすめのブログサービスを、自分のこれまでの経験談を踏まえながら、書いていけたらと思います。

これまでのブログ運営からいえること

まず僕のこれまでのブログ運営歴なんですが、こんな順序で書く場所を移行してきました。

  • Seesaaブログ
  • ライブドアブログ
  • はてなブログ(無料)
  • はてなブログPro(有料)
  • WordPress(有料)
  • note

この経験からわかったことは、

  • ブログを本気で長く続けたい→WordPress
  • まずは文章を書くことだけに集中したい→はてなブログやnote

がおすすめだということ。

これを踏まえた上で、この記事では「真剣にブログをやってみたい」方に向けて書いていくので、「有料のWordPress」をおすすめします。

とはいえ「なんでそうなの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思うので、各ブログサービスのメリット・デメリットを書いていきますね。

はてなブログ・WordPress・noteの違い

最初に大切なことを言っておくと、どのブログサービスを使っても、大きなアクセス面に変わりはありません。

コンテンツ(中身)がいちばん大切なので、「このサービスを選んだから、まったくアクセスがない」なんてことはありません。

あとはそれぞれのブログの特徴があるので、自分に合ったブログサービスを選びましょう。

はてなブログのメリット・デメリット

はてなブログのメリット

  • 無料かつ簡単にすぐ始められる(簡単に有料プランの乗り換えも可能)
  • セキュリティ面・サーバー面も強く安心
  • はてなブログのコミュニティがあり、はてなブックマークがつきやすい

はてなブログのデメリット

  • 有料プラン(はてなPro)にしないと広告掲載や機能が制限される
  • ブログ・記事ともにデザイン性やカスタマイズ性が低い
  • サービス会社に依存してしまうので、規約違反でサービス停止や終了の可能性も

簡単にまとめると、ブログを運営しているサービス会社に依存します。

そのため、セキュリティーやサーバ面などは安心できる代わりに、ブログのカスタマイズ性やデザイン性は制限され、運営の自由度は下がってしまいます。

こんな人におすすめ

  • WordPressが難しいと感じた
  • ブログに割ける時間があまりなく、書くことに集中したい
  • デザイン面やカスタマイズにはあまりこだわらない

ちなみに「広告掲載」を利用したマネタイズは、有料プランの「はてなブログPro」に移行すれば可能です。

しかし後々WordPressにするとなると、移行などが面倒なのでご注意ください。

詳しくは「無料ブログと有料ブログの違い【無料のはてなから有料のWordPressにした経験談】」をご覧ください。

WordPressのメリット・デメリット

WordPressのメリット

  • デザインやカスタマイズ性の自由度が高い
  • 機能制限や利用規約に縛られない
  • ブログが停止したり、なくなるリスクが下がる

WordPressのデメリット

  • ブログ作成にお金がかかる(サーバー・ドメイン費用など)
  • ブログ作成に時間がかかる(難易度が高く、調べる必要あり)
  • セキュリティ面を強化する必要がある
  • 最初は読まれない

簡単にまとめると、サービス会社に依存せず、ユーザーの自由に運営ができます。その代わりすべて自分で設定する必要があるので、費用や時間がかかってきます。

こんな人におすすめ

  • デザインにこだわり、ブログを長く続けていきたい
  • マネタイズを視野に本気でブログを運営したい
  • ある程度ブログに時間を割ける

noteのメリット・デメリット

noteのメリット

  • 無料かつ簡単にすぐ始められる(有料プランもあり)
  • note独自の機能(投げ銭・有料購読)が充実している
  • SNS機能(スキやフォロー)がある
  • 独自ドメイン(有料)で運営もできる

noteのデメリット

  • 広告掲載ができず、マネタイズは投げ銭と有料購読のみ
  • カスタマイズ性はなく、デザインは全ユーザー共通
  • サービス会社に依存してしまう

比較的新しいプラットフォームですが、noteは独自の機能やサービスがあり、どこまでそれを生かせるかが大切になってくるのかなと。

またnote独自の雰囲気があるので、そこを見極めてブログと使い分けてみる方法もありますね。使い分け方は最後にお伝えします。

こんな人におすすめ

  • noteの世界観が好き
  • エッセイやノウハウなど、書きたいテーマが明確にある
  • 有料noteの販売や有料購読も視野に入れたい

ブログサービスの雰囲気を活かせるか

もしWordPressやはてなブログ、noteで迷われている方がいるなら、そのブログサービスが持つ雰囲気を意識してみてください。

それぞれの雰囲気や色があるので、それに合わせてコンテンツを発信できるかどうかによって、ブログの成長スピードは変わってくると思います。

とくに最近はnote経由でお仕事の依頼もよく来るようなので、そういった波には積極的に乗ってもいいのかもしれませんね。

有料のWordPress + noteの使い分けがおすすめ

いろいろと各ブログサービスの違いを説明してきましたが、冒頭に書いたように、この記事では「有料のWordPress」をおすすめしています。

そしさらに余裕があるのであれば、noteも運営してみてもいいのかなと。例えばこんな使い分け方があります。

パターン①

  • ユーザーに役立つ情報:ブログ
  • 主観的なエッセイ:note

パターン②

  • ユーザーに役立つ情報やエッセイ:ブログ
  • ブログ記事をブラッシュアップした有益な情報:note(有料購読)

パターン③

  • ユーザーに役立つ情報やエッセイ:ブログ
  • 複数人で共同マガジン:note

僕個人としては、共同マガジンを運営するためにnoteを始めたのですが、今後ブログ記事をブラッシュアップして、有料noteとして販売するのもありかなと思っています。

最後に

ブログは自分の居場所みたいなものなので、なにで運営するのか迷うのは当然。自分がどんなブログにしていきたいのか、イメージしながら、ぜひ自分にあったブログサービスを探してみてください。

ちなみに僕自身がWordPressにした理由はこんな感じ。

  • 長く息の続くブログを運営するため、デザインやカスタマイズ性にこだわりたかった
  • はてなブログの雰囲気よりも、WordPress独自で空気感を創りだす方が合っていた
  • 本職でもWordPressを扱っていたため、もっとWordPressに触れてみたかった

もしすこしでもWordPressに挑戦してみたいとお考えの方、迷わずWordPressをおすすめします。これからもすこしずつブログ運営の記事を執筆していくので、ぜひ挑戦してみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。今回の記事が、すこしでも皆さんのお力になれば、嬉しいです。

今日はこれにておしまい。
それではまた!