無料ブログと有料ブログの違い【無料のはてなから有料のWordPressにした経験談】

どうも、佐田真人(@mst727)です。

  • 「ブログを無料で始めるか有料で始めるか迷っている」
  • 「無料と有料のメリット・デメリットが知りたい」

そんな疑問を解決する記事です。

▼記事の内容

  • 無料と有料の大きな違いとメリット・デメリット
  • 無料ブログから有料ブログに変えた経験談
  • 日記的感覚なら無料ブログ、マネタイズを考えるなら有料ブログ

ブログを始める段階で最初に考えることが、無料と有料どちらでブログを運営すべきか。なにを基準にして決めればいいのか、わからないことってありますよね。

もともと僕自身も「無料のはてなブログ」から「有料のWordPress」に変更したので、その違いをひしひしと感じました。そんな経験談も含めて書いていけたらと思います。

なおこの記事では、無料ブログはサービス元が運営する「はてなブログやアメブロなど」、有料ブログは「WordPress」として説明していきます。

無料ブログと有料ブログの違い

無料ブログと有料ブログの大きな違いは、「自分に所有権があるかどうか」です。よく例えられるのが、「自分の一軒家」なのか「賃貸マンションの一室」なのかの違い。

結論からいうと、日記的感覚でブログを続けるなら「無料」、真剣にマネタイズを考えて運営していくなら「有料」が良いと考えます。

無料ブログは「賃貸マンションの一室」みたいなもの


無料ブログは、サービス元(はてなブログやアメブロ)から一部屋(サーバとドメイン)を借りて、運営します。

簡単に登録するだけですぐにブログを始めることができるのですが、サービス元から借りている立場になるので、ブログの所有権はサービス元になります。

そのためサービスごとにルールが異なったり、デザインの自由度が下がります。また、もしサービスが停止すると、突然ブログが削除されたり、運営が継続できなくなったりする可能性もあります。

有料ブログは「自分の一軒家」みたいなもの

有料ブログは、自ら土地(サーバとドメイン)を購入し、一軒家を立てて運営します。そのため所有権は自分にあります。

無料ブログよりも立ち上げるハードルが高いのですが、どこに広告を掲載するか、デザインも自由に変えることができます。

ただし、自分の家をいろんな方に見てもらえる工夫をしていく必要があります(これはどのブログにも言えることですが)。

無料ブログのメリット・デメリット

無料ブログのメリット

  • 金銭面的負担がない
  • 立ち上げが簡単
  • 始めた段階で見られやすい

無料ブログのいちばんメリットは、お金がかからないこと。立ち上げも簡単なので、負担になることがほとんどないんですよね。

またサービス内で特有のコミュニティが形成されているので、最初からユーザーに読まれる土壌があります。僕はもともと「はてなブログ」スタートだったので、その恩恵をひしひしと感じました。

無料ブログのデメリット

  • サービスがなくなれば、ブログも消えてなくなる
  • デザインやカスタマイズの自由度が低い
  • 広告掲載に制限があるので、収益化しにくい

無料ブログのいちばん怖いところは、サービス元の意向に従わざるを得ないところなんです。サービスが消えれば、ブログも消えてしまいます。

そのリスクはブログを運営するうえで、いちばん下げたいところですよね。

またデザインやカスタマイズが出来ないことも、ブログを本気で運営していくには大きなデメリット。収益化を目指すのであれば、有料ブログ一択です。

有料ブログのメリットデメリット

有料ブログのメリット

  • ブログの所有権が自分になる
  • デザインやカスタマイズの自由度が高い
  • 広告掲載や導線など収益化を考えた設計をしやすい

有料ブログのメリットは、なんといってもサービス停止のリスクや突然のルール変更に従うことなく、自由に運営できるところです。

また広告掲載の制限もなく、自由にデザインをカスタマイズできるので、収益化に向けた設計もしやすいんですよね。

運営を継続することでブログに愛着が湧いてくるし、ドメインパワー(サイトの評価)も上がっていくので、Google検索の上位にも表示されやすくなります。

有料ブログのデメリット

  • 金銭的負担(初期費用と継続費用)がない
  • 立ち上げがすこし難しい
  • 始めた段階ではまったく見られない

まず金銭的な負担として、初期費用と継続費用がかかってきます。初期費用としては10,000円ほど、継続費用は月額で、1500円ほどかかってきます。

また有料ブログにしたくても踏み出せない方の多くは、立ち上げのハードルが高いことも考えられるでしょう。

すこし前までは、WordPressでブログを立ち上げるハードルは高かったです。だけどいまでは、いろんな人たちが開設手順を書いてくれているので、そのハードルは格段に下がったと感じます。

無料のはてなブログから有料のWordPressに移行した経験談

ここまで見ていただいた方の中には、「無料ブログから有料ブログに移行するのがいいのでは?」と思われた方もいらっしゃると思います。

回答としては、「自分がブログでなにをしたいのか」を考え、それで有料ブログの方が適しているのであれば、最初から有料でブログを始めるのがおすすめ。

  • 無料のはてなブログを始める
  • はてなブログProに移行
  • WordPressへ移行(アクセスゼロからのスタート)

僕の場合はこんな流れでブログを移行してきたのですが、はじめから有料のWordPressで運営してもよかったなあと。

なぜはじめから有料ブログにした方がいいのか、経験談を踏まえて実際感じたことを書いていきますね。

ブログの移行手続きはとにかく大変

すこし難しい話になるんですが、ブログを移行するとなると、記事の文章や写真以外にも、旧ページが持つ評価を、転送先の新しいページにも引き継がせる必要があります。

そうすることで、読者が旧ページにアクセスしたとしても、自動的に新しいページへ移行してくれるんですね。そうすることで、ブログの移行前と後もアクセスが急激に落ちる可能性は低くなります。

だけど、はてなブログからWordPressの移行はその作業が大変なんです。記事数が多ければ多いほど、その作業にリスクが伴うので、移行するとしても早めの移行がいいでしょう。

ブログ移行の落とし穴「アクセスが落ちる」

ブログ移行時の新しいページは、ドメインパワー(サイトの評価)が弱くなるので、アクセスが激減する可能性も(旧ページの評価を引き継いでなくても、ドメインパワーはゼロです)。

僕の場合は記事数がまだ膨大にあったわけはないので、一部の読まれている検索上位のページのみ、自動的に新しいページに移行してくれる転送作業を行いました。

そのため今まであったほとんどのページからのアクセスがなくなり、またゼロからのスタートになりました(ちなみに半年ほどかけてアクセスは回復しました)。

サービス元がある有料ブログはどうなの?(はてなブログProなど)

ここで気になった方もいると思うのですが、サービス元がある有料ブラン(はてなブログProなど)はどうなのかという問題。はてなブログProを例に説明すると。

有料プランにすることで、広告掲載が可能になったり、カスタマイズ性が向上したりと、収益化を考えたブログ設計にすることも可能です。

またドメイン(ネット上の住所)も自分で取得できるため、もしサービス元に何かがあったとしても、最悪移行も可能です。

ただし、サービス上でブログを運営している以上、そのサービスのルールは何れにしても存在するので、収益化を考えるならWordPressをおすすめします。

日記的感覚なら無料ブログ、マネタイズを考えるなら有料ブログ

というわけで、日記的感覚でブログを続けるなら「無料ブログ」、マネタイズをすこしでも考えるなら「有料のWordPress」一択だと考えます。

僕がはてなブログから、WordPressに移行した理由としても、下記の理由がいちばん大きいです。

  • デザインやカスタマイズが出来ずデザインが被るのを避けたかった
  • 収益化を含め長く運営していきたいため、サービスの影響を受けないブログを作りたかった

WordPressから始めると確かに最初のハードルは高いですが、途中から移行するよりも最初から始めた方が圧倒的に楽だと感じました。

そして収益化を考えるのであれば、初期投資は惜しまないことが大切です。

最後に

いまの世の中を見ていても、個人と組織の境目がなくなっているのは、如実にわかるようになりました。そんな時代で僕たちが、より自分らしく納得感のある生き方をしていくために、発信力は大きな支えとなります。

参照:好きなことを仕事にする方法【よくある勘違いと正しい仕事論】

ブログは収益化だけでなく、自分の声を届けてくれる拡声器みたいなもの。会社員でもフリーランスでも、これからの時代に「発信力」は欠かせないものです。少なくとも僕は、会社員時代からブログをはじめ今に至りますが、はじめて本当に良かったと感じています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。今回の記事が、すこしでも皆さんのお力になれば、嬉しいです。

今日はこれにておしまい。
それではまた!