コーヒーを飲むためにみなここへ来る。コロンボの海沿いカフェ「Whight & Co Cafe」|スリランカ

どうも、佐田真人(@mst727)です。

スリランカ・コロンボで訪れたカフェの写真を見せると、「こんなにおしゃれなお店があるんだ」や「スリランカのイメージが変わった」とよく言われます。

実際すこし前までは、おしゃれなカフェがないという声も聞いていたのですが、それはもう過去の話。いまでは独自の強みを持つカフェが増えています。

今日ご紹介したいのは、そんなカフェのひとつです。名前は「Whight & Co Cafe」。コーヒーがおいしいと評判の高い、海沿いに面したカフェです。

Whight & Co Cafeの様子

コロンボのフォート地区と比べると、すこしローカルな香りが残るエリア。おしゃれな宿やショッピングモールが建設されたりと、いままさに再開発が行われているエリアでもあります。

Whight & Co Cafeは、このエリアに宿泊しているなら、徒歩でも行ける距離。「コーヒーがおいしくて、ノマドワークもできるよ」と、ホテルの方におすすめしてもらったので行ってきました。

 

◎おすすめポイント

  • 海が見える席あり
  • アイスコーヒーがおしゃれでおいしい(ボトルタイプ)
  • バーガーもおいしい(意外とボリューミー)

 

△ここが惜しい

  • Wi-Fiは1時間の制限付き(注文ごとに発行してもらえる)
  • 電源が少ない(大きなカウンターテーブル席のみ)

店内の様子

外からはパッと見た感じ、カフェだとは思えないんですが、扉を開けると、ウッドテイストな内装のお店となっています。

コーヒがおいしいと評判なだけあって、ここで焙煎も行っているそうです。

お昼に行ったので、店内の明かりは、最低限の間接照明のみ。窓から差し込む光が、ほんのり店内を照らしてくれます。

席はほとんどがテーブル席、1Fのお店中央に、海が見えるカウンター席があります。2Fはカフェというより、レストランテイスト。海に面したテラス席あり。

お気に入りの席はやっぱり、1Fの海が見える席。目の前に拡がる海を見ながら作業すると、集中できる気がします。

Wi-Fiはメニューを注文にすると、一時間制限付きのWi-Fiパスワードを発行してもらえます。

一時間に何本か目の前を電車が通り過ぎるのですが、そのうちの何本かは、電車から溢れそうになるほどお客さんが乗っている。そんな光景を間近で見たとき、つい隣のお客さんと笑ってしまいました。

コーヒーとバーガーがおいしい

せっかくなので、おすすめしてもらった「アイスコーヒー」と、おいしそうな香りが文字から漂ってた「チャイニーズバーガー」をオーダー。

これがすごくおいしかったのです。

アイスコーヒーはボトルとグラスが、別々のパターン。これタイのカフェで見たやつと同じだ。氷でコーヒーが薄まることなく、自分のペースで飲めるので、地味にありがたいんですよね。

程よく酸味がきいて、さっぱりしたテイスト。

重たくなく胃にもたれない感じがとても飲みやすく、普段ブラックを飲まない方でもおすすめしたいコーヒーでした。

バーガーはたしか、ハワイアンとチャイニーズのふたつあって、それぞれパテと中身が違っていたんですが、チャイニーズをオーダー。

慣れ親しんだ甘辛テイストで、とても食べやすくおいしかったです。小腹を満たすつもりで頼んだんですが、結構ボリューミーで、食べ終わる頃には満腹。

最後に

皆さんが想像するおしゃれなカフェとは、すこし雰囲気は違うのかもしれません。なにか際だった特徴があるわけでもない。

だけどウッド調の内装にはどこか懐かしさを感じ、じっくり腰を据えて過ごせる空間であると感じました。

「コーヒーを飲みたければここだよ!」とすすめられて来たお店は、僕にとってまたリピートしたくなるカフェでした。

Whight & Co Cafeの店舗情報

  • 【営業時間】9:00〜23:00
  • 【立地】Marine Drive, 24, Aloe Ave, Colombo
  • 【Wi-Fi】 あり(1時間の制限付きWi-Fi)
  • 【電源】一部あり
  • 【料金】ドリップコールド:550LKR(約380円)・バーガー:950LKR(約660円)
  • 【HP】Whight & Co Cafe(facebook)

今日はこれにておしまい。
それではまた!