コロンボの喧騒からすこし離れて。心落ち着くヒルトンラウンジ|スリランカ

どうも、佐田真人(@mst727)です。

旅先で新しい街に訪れたとき、まず落ち着けるカフェを探すことが、旅のルーティンになりつつあります。それぐらい僕にとって、旅先で落ち着ける場所を探すことは大切。

仕事や調べ物をしつつまわりを見渡しながら、「どんな人たちがこの街で暮らしているのだろう?」と思いを巡らせることが、じつは至福の時間だったりします。

さて、今回はスリランカ・コロンボにやってきたのですが、ご存知の方も多い「ヒルトンホテル」のカフェラウンジにやってきました。

執筆作業をするためにやってきたのですが、コロンボの喧騒とは隔たれた、とても落ち着ける空間だったので、今日はご紹介したいと思います。

ヒルトンコロンボのラウンジの様子

高級ホテルや商業施設の建設が続く、活気のあるエリア「フォート」に、ヒルトンコロンボはあります。

フォート地区が完成したときのイメージ写真が、街に貼られていたのですが、シンガポールに近しい街になるのかなと。

その中でもシンボル的存在である、ヒルトンコロンボ。場所がわかりやすく、誰でもわかる目印的存在になっています。

今回は徒歩圏内の別ホテルに宿泊していたので、ヒルトンにはラウンジのみの利用でいってきました。

喧騒から隔たれた落ち着きある空間

ドアマンが笑顔で扉を開けてくれたその先に拡がる、コロンボの喧騒とは隔たれたほっと落ち着ける空間。レストランとカフェがふたつあったのですが、近くのスタッフに尋ねると、快くラウンジへ案内してくれました。

ホテルの空気感はホスピタリティに溢れ、洗練された空間でもあるので、長期間の旅でぐったりした気持ちを整えてくれます。

ホテルのラウンジにはたとえ旅中であっても、襟付きのシャツを着て過ごしたくなるのは、僕だけでしょうか?

テーブル席とカウンター席

席は基本的にテーブルタイプ。一部カウンター席もあります。外の景色が見えて、日当たりも良いので、空間的には申し分なし。

惜しい点を挙げるなら、デスクワークがしづらいこと。ラップトップを使う場合は、膝に乗せて作業するのがベストですね。

厳しい場合はすこし狭いですが、カウンター席の利用がおすすめ。またコンセントがないので、あらかじめ、充電は済ませておきましょう。

ドリンクや軽食メニューも

ドリンクはもちろん、ドーナツやパン、ケーキなどの軽食メニューも、充実していました。ただし人気のあるメニューは、夕方には売り切れてしまうので、早めのご注文を。

僕はコーヒーとドーナツをいただきました。海外でもいろんなカフェに行きますが、ドーナツとコーヒーの組み合わせは鉄板です。

最後に

国内外問わず訪れることが多い、ホテルのラウンジカフェ。

宿泊するとなるとまだまだハードルは高いのですが、ラウンジカフェにはちょこっとおじゃまします。やっぱり好きなんだと思います、こういう空間が。

ラグジュアリーな文脈とはすこし異なるのですが、幼少の頃から見ていた映画の影響もあって、昔からこういう世界に憧れがあるんですよね。

ただ自分がずっとこういう場所に身を置きたいというより、いつでもここに訪れることができるという選択肢を、常に持っておけるようにしたい。金銭的にも、物理的にも。

いまはまだちょっと背伸びして行ける空間。だからこそ「ぜったいこの空間を手元におけるよう頑張るぞ!」と、自分を奮い立たせるために行くのかもしれません。

よし、これからも頑張るぞ。

ヒルトンコロンボのラウンジ詳細

  • 【立地】フォート地区(2 Sir Chittampalam A Gardiner Mawatha, Colombo 00200)
  • 【Wi-Fi】 あり(ヒルトンコロンボのWi-Fi)
  • 【電源】 なし
  • 【料金】 ホットカフェラテ:588LKR(約410円)
  • 【HP】Colombo Hotels – Hilton Colombo Hotel

今日はこれにておしまい。
それではまた!