下半期はじまり、日本かえります!

どうも、佐田真人(@mst727)です。

気づけばもう6ヶ月以上海外で生活しています。

過去に留学で半年以上海外にいたことはあったものの、移動し続ける旅は今回が初めてだったので、多くの気づきがありました。

結論を先に言っちゃうと、7月9日に日本へ帰ります。旅の仕方も変えていきます。

今日はそんなご報告です。

長期間移動してみて、旅のリズムがわかった

もともと世界一周という名目で旅に出たんですが、長期間移動してみて、ようやく自分の旅のリズムに気づきました。そこで自分に合った旅のリズムで、再度仕切り直してみようと思ったんです。

これまでの旅からも、最短一週間〜二週間滞在するスタイルが、いまの自分には合っているし、訪れた街の暮らしに溶け込むには、この期間がいちばんしっくりきたんですね。

参照:「染まって暮らして」のくり返しが、生きることなんじゃないかっていうお話。

とはいえ旅の生活にも鮮度があり、拠点なしの移動生活は、だいたい3ヶ月が限度だということも、旅を通して見えてきました。

自分の中でも「やりたい」ではじめた旅が、「やらなければならない」に変わりつつあったのを感じ、このまま移動し続けることをやめて、いったん旅を仕切り直そうと考えたんです。

日本を拠点に海外を行き来するスタイルに

「じゃあ世界を周るのをやめるのかい?」ってことなんですが、旅の鮮度を保てる3ヶ月ぐらいに期間を区切って、続けるつもりです。

長期間の旅はどうしても途中でダラダラしてしまうので、3ヶ月だとかろうじてスケジュールも保てるし、街ごとにメリハリ持って旅できるかなと。

「堂本剛のやからね」っていう番組に、堂本剛と芸人ふたりが、大阪の梅田から地元の奈良まで歩いて帰るという企画があるんですが、それと似たような旅の仕方に変えようと思っています。

あれって毎回番組が終わったところから、次回またスタートするんですよ。だから今回の旅がスリランカで終わったら、スリランカからスタートするっていう(いや、厳しいか)…。

だけど、行きたいところはむしろ増えていってるので、仕事のスケジュールや金銭面と相談しながら、「今回は中東編!」という感じで世界を周れたらと思っています。

(中東・アフリカ・ヨーロッパあたりを行き来するとなると、結構大変なので海外に拠点を築くことも視野に入れてみたり)

下半期はなにをする?

今回もうひとつ「日本に帰りたい!」ってなったのは、シンプルにものすごく働きたくなったんです。

インドのIT都市バンガロールの若者たちに刺激を受け、ただ旅をするだけじゃなくて、ちゃんと仕事に変えていかんと、という気持ちが強くなったんですよ。

じゃあ具体的になにをするのかというと。

  • TOKIORIをちゃんと運営する
  • 旅行と生活の分野を中心に、写真と文章の仕事を広げていく
  • 関わったひとたちとプロジェクト単位で働いてみる

以前に書いた退職エントリでは、「個人として生きることにも挑戦したい」と書いたんですが、これを加速させていく感じです。

参照:株式会社basicを退職しました【退職エントリと今後について】

TOKIORIをちゃんと運営する

これまでなかなか継続して更新できてなかったTOKIORIを、ちゃんと運営していきます(いままでメディア運営に携わってきたのに、自分のブログを継続できていないと説得力に乏しい!)。

やっぱりこれまでTOKIORIで記事を書いていて、繋がった出会いってたくさんあるんですよ。そして最近はありがたいことに、メッセージをくれる方まで。

それは、自分が表現したいことをいちばん素直にアウトプットできる場、だからだと思うんです。だからこそこれからは、TOKIORIを軸にいろいろと企てていきます。

旅行と生活の分野を中心に、写真と文章、映像の仕事を拡げていく

いまぼくが熱量を込めていきたい分野が「旅行と生活」、それを伝えていく手段として「写真と文章と映像」があります。

これまで関わってきたお仕事は、執筆・撮影をして納品というものが、どうしても多くなっていました。なのでその先のひとたちに届く出口まで、しっかりと設計するのが難しかったんです。

だからこそこれからは、本当に一緒になにかをしたいと感じた人や企業の方たちと、コンテンツを企てるところから伝え広めるところまでやっていきたいと、思ったのです。

ここはまだ実績がなにも状態なので、ぼくの方から相談させてください。

関わったひとたちとプロジェクト単位で働いてみる

なぜかわからないんですが、海外に行ってから日本の方と多く知り合う機会が、増えてきたように思います。これってたぶん良くも悪くも自分が行動した結果なのかなあと。

せっかくフリーランスとして融通のきく立場にいるんだから、これを機会にもっといろんな人たちと関わっていけたらなあと。新しい働き方を積極的に実践していきたいです。

ぼくにとってのWasei Salonなんかはまさにそう。

参照:招待制オンラインサロン「Wasei Salon」に参加した感想と魅力。#waseisalon

農業みたいなものなんです。まだ種を撒いてるような状況だし、なんの種かすらもはっきりしていない。だけどぜったい良いものになると信じているし、いっしょに育てていきたいと思っています。

最後に

ということでいったん日本に帰り、日本と海外を行ったり来たりするスタイルで、旅と暮らしを続けていきます。お仕事はTOKIORIを軸にしながら、写真と文章の活動を拡げていきます。

日本での拠点は当分関西の予定ですが、タイミング見つつまた東京に戻る予定です。海外に行って地元の奈良に関わることもなにかできないかなと思ったので、すこし様子見です。

ちなみに7月〜8月までは東京にいるので、いろんな方とお会いできたらと思っております(はじめましての方も、連絡いただけるとすごく嬉しいです)!

ということでなにも決まってないんですが、取り急ぎ報告という形で書かせていただきました。

これも本当にやってみないとわからなかったことなので、改めて、小さくてもいいからまずは動き出してみることが大切だなと、思ったのでした。

今日はこれにておしまい。
それではまた!