ELLEGARDENの復活を知って感じたこと。

仕事の合間に何気なくTwitterのタブを開いたとき、目に飛び込んできたのは「エルレ復活」のツイートだった。「どこかのデマ情報だろ」と思いつつも、落ち着かないソワソワした気持ちと一緒に公式サイトへいく。案の定サーバーは落ちていた。

このとき、エルレが復活するんだと、実感した。

はじめてELLEGARDENというバンドを知ったとき、はじめてエルレの曲をギターでかき鳴らしたとき、はじめてエルレの曲でライブをしたとき。いろんなはじめてのシーンがエルレの曲とともに、心の奥底からブワーッとこみ上げてきた。

エルレを知ったのは実はすごく遅くて、高校一年の軽音楽部の新歓ライブのとき。

教室内にひびくドラムの音やギターの歪み、最初はうるさく慣れなかったけど、先輩がギターとともに歌い始めた「ジターバグ」を聴いたとき、全身鳥肌が立った。

後のギター担当となるメンバーがバンド名を「ELLEGARDEN」だと教えてくれ、そこから毎日聴くようになった。バンドメンバーが全員エルレ好きだったこともあり、自然とコピーするバンドはエルレになっていった。

父親に買ってもらったレスポールでエルレのパワーコードを日々かき鳴らし、高校生活は文字通り音楽漬けの日々になった。たしかはじめてライブで演奏したのは「風の日」だったんじゃないかな。

そこからエルレを中心にどんどんいろんなバンドを知っていった。アジカンにラッド、ストレイテナーにアシッドマン。ちなみにバンプは中学時代から大好きなバンドである。

だけど、高校生というのはどこか不器用なお年頃なのか、かっこいいものをかっこいいと、正直に言えなくなってしまう時期があった。

徐々にマニアックな曲を聴く中で、「エルレみたいな流行りの曲を聴くのはダサい」という風潮がどことなく流れていた。そこからどんどん音楽の幅が広がっていくなかで、徐々にエルレを聴くことはなくなっていった。

エルレの解散は、そんなとき知った。

それでも紛れもなくエルレガーデンは僕らにとっての青春そのもので、なんど部屋でエルレの曲を爆音で鳴らしギターを弾いたかわからない。

エルレガーデンが解散したあとも、ぼくは細美武士さんの人柄がとても好きだったので、よくラジオを聴いたり、滅多に更新されることのない旅行記も読んでいた。

そこから東京に上京することになるのだけど、突如としてまたエルレブームが戻ってきた。毎日のようにまたずっとエルレを聴いている自分がいたのだ。

昨年末、久しぶりに高校の頃のバンドメンバーと地元奈良で会うことになった。

そのときに「なんか一周まわってやっぱり、エルレガーデンかっこよすぎるわ…。最近またずっと聞いてる」と話したときも、「俺もそれいま言おうとしてた!!!」と共感してもらえたことがあった。

もしかすると20代の人たちは、同じ気持ちの方が多いのかもしれない。

そんなこんなで今回復活すると知った今日。あのときの青春が戻ってきた感じがします。こういう気持ち初めてかもしれない。ほんと嬉しいです。

だれかに話したくてもまわりに伝える人がいないので、勢いでここに書き残しておきました。

これを書きながらいま頭の中では、「モンスター」が流れています。皆さんは「エルレ復活」を知ったとき、最初に流れてきた曲はなんですか?

画像引用元:ELLEGARDEN official website

 

*なお、このブログはmanablogを運営する坂内学(@manabubannai)さんに、スポンサー出資いただいております。

[aside type=”boader”]

アフィリエイトで月7桁以上を稼ぎつつ、企業向けにSEOコンサル業も行う、タイ・バンコク在住のフリーランスであるマナブさん。「SEOやアフィリエイトってよく聞くけど何なの?」という方も多いと思います。

manablogでは具体的なSEOやアフィリエイトといったノウハウを、初めての方でもわかりやすく公開されています。どれも参考になる記事ばかりなので、ぜひご興味のある方はご覧ください。

>>アフィリエイトブログの作り方【アフィリに人生を救われた僕が語る】

>>SEOで検索上位を獲得する記事の書き方【記事設計からライティング】

>>【ブログ特化】収益UPするアフィリエイト記事の書き方【実例公開】

[/aside]

今日はこれにておしまい。
それではまた!