これからの個人メディアとスポンサーのあり方。そしてマナブさんにスポンサーになってもらいたいと思った理由。

どうも、佐田真人(@mst727)です。

先日、manablogを運営されているマナブさん(@manabubannai)に、TOKIORIのスポンサーとなっていただきました。きっかけとなったのはマナブさんのツイート。

このツイートを知ったときはすでに半日以上経っており、かなりのいいね数とリプライがあったんですが、まだ正式に締め切ってなかったみたいなのでダメ元でDMしてみることに。

するとわずか数分でDMの返信があり、なんとスポンサーになっていただけることが決まりました。まさかこんなトントン拍子でスポンサーになっていただけるとは思わなかったので、とても驚きました。

このブログを応援してくれる方をスポンサーという形で探してみたい気持ちがあったので、マナブさんがスポンサーになっていただけると決まったときは本当に嬉しかったです。

今日は僕が思うこれからの個人メディアとスポンサーのあり方と、なぜマナブさんにスポンサーになってもらいたいと思ったのか、その理由を書いてみようと思います。

 

個人メディアとスポンサーのあり方

まず今回ぼくがDMさせてもらうにあたって気になったのが、「そもそもスポンサーってなんぞや?」ということ。Web業界でも「スポンサー」という言葉は目にするものの、改めて聞かれると説明に困ってしまう方は、意外といらっしゃると思います。

ご多分にもれず僕もその一人で、自分が考えるスポンサーの定義は明確にしておかないとなあと思い、この機会に考えてみました。

おそらく皆さんがイメージされるのは「ご覧のスポンサーの提供でお送りします」でおなじみの番組や、スポーツチームの企業ロゴだと思います。あれはPRを目的に金銭を支払う個人や企業。つまり広告主(スポンサー)です。

だけど一部の人にとってはあんまり番組のスポンサーとかって良いイメージがないですよね。自分の思ってないことを言わないといけなかったり、意図していないことをやらないといけなかったり…。

本来Win-Winの関係であるはずのものがなぜこうなってしまうのか。それはそこに上下関係が生まれてしまっているからだと思うんです。

だけどスポンサーのあり方って今まさに変わってきている。上下関係なく一緒の目線で向かっていけるような。スポンサーについていろいろと調べる中で、心に残った言葉がありました。それがVoicyの代表である緒方憲太郎さんが書かれた文章。

新しいメディアのスポンサーは、この発信者を応援する気持ちをファンと同様に持ち、ファンの代表のような存在になっていく。これがVoicyの目指したいメディアとスポンサーの新しい関係です。

引用元:メディアとスポンサーの新しい関係/スポンサーが好かれてクリエイティブも上がる

「スポンサーとファンは同じ方向を向けるはず」という言葉は、自分の中のスポンサー像をうまく言語化してもらった気がしました。僕自身もまさにスポンサーの方と同じ目線で関係を築きながら、長い目で見たときになにか生み出すことができたらいいなと。

 

マナブさんがスポンサーとして出資先を募集した理由

そしてマナブさんのスポンサー出資の件でも、同じような気持ちになったんです。というのも、今回のスポンサーとしての条件をお聞きしたときに、マナブさんは一言「ないです!」とおっしゃったんです。

そこで不思議になって、マナブさんにこんなことを聞いてみました。

[aside type=”boader”]

  • マナブさんが今回スポンサーの出資先を募集した背景
  • マナブさんがスポンサー出資で求めてる、やりたいこと

[/aside]

その回答がこちら。マナブさんからもらったメッセージをそのまま引用させてもらいました。

[aside type=”boader”]

▼マナブさんが今回スポンサーの出資先を募集した背景

単純にお金が余っているので、、、という感じです。※中身なくてスイマセン。

物欲もないですし、旅も飽きたので、、。なんか良いサイトがあったら応援したいなぁと・・・。

 

▼マナブさんがスポンサー出資で求めてる、やりたいこと

まったくないです。たまにTwitterとかで絡めたら楽しいかな、くらいですかね笑

単純に綺麗なサイトとか、運営者の思いとかがあるサイトが好きなので、お金だすのもいいかなと思った感じです。

[/aside]

マナブさんらしさ全開の正直な回答をいただいたんですが、「善良なライアーゲームの主催者か!」と心の中でツッこんでしまいました。笑

という冗談はさておき、純粋に好きで応援していただけるのがすごく嬉しいなあと。僕らのような人間とこれからのスポンサーの関係性は、まさにこの純粋な「応援」にあると感じました。

 

マナブさんにスポンサーになってもらいたいと思った理由

ここからがようやく本題です。

なぜマナブさんにスポンサーになってもらいたいと思ったのか。それは僕がブロガーとして目指す方向にいる人で、僕ができないことを全てやってのけている人だからです。

同じ方向を向いているんだけどまったく性質が異なるタイプの人で、本来ならなかなか接点が生まれないはずなんだけど、どこか似たような考えもあると思い、ずっと関係性を築きたい人だったんですね。

もともとマナブさんとは去年に一度タイのチェンマイで、ほんのすこしだけお話しさせていただいたことがあるんですが、それ以来本格的にmanablogを見るようになり、彼の生き方や考え方に共感するようになったんです。

自分も今まで関わったことがなかった分野の人だからこそ、今回のスポンサーをきっかけに自分自身も吸収できることがあるだろうし、これをきっかけに関係性を築けたらと思い今回DMさせてもらった次第です。

 

最後に

もちろん出資していただいている立場なのでマナブさんのことを考えながら、引き続き自分が良いと思えるコンテンツを作り続けていけたらと思います。

また、彼は自由な生き方をするために、プログラミングやSEO、アフィリエイトというスキルを得ました。一方でこのブログのコンセプトも「理想的な生き方を模索する」なので、その理想を形にするための具体的なスキルにも踏み込んでいけたらなと。

今回のスポンサーの件は、僕の中でひとつ大きな自信にもなりました。最終的には「出資してよかった」と思っていただけるような関係性を築いていければと思います。

 

*なお、このブログはmanablogを運営する坂内学(@manabubannai)さんに、スポンサー出資いただいております。

[aside type=”boader”]

アフィリエイトで月7桁以上を稼ぎつつ、企業向けにSEOコンサル業も行う、タイ・バンコク在住のフリーランスであるマナブさん。

アフィリエイトなどの「広告で稼ぐこと」が未だに悪と見られることの多い中、時間や場所にとらわれない生き方を実現するためには必要なスキルでもあります。

そんな具体的なSEOやアフィリエイトといったノウハウをmanablogでは惜しみなく公開されているので、ぜひご興味のある方はご覧ください。

 

参照:アフィリエイトブログの作り方【アフィリに人生を救われた僕が語る】

参照:生きる意味が分からないので、だれか論破してください!!

[/aside]

今日はこれにておしまい。
それではまた!