気心の知れた人に何かを薦めるとき、ニヤニヤが止まらないっていうお話。

どうも、佐田真人(@mst727)です。

2018年の抱負をブログに書かれた方は多いと思うのですが、あれ読むのがめっちゃ好きで、会ったことがある人の抱負はもちろん、会ったことがない人のものもけっこう読みました。

たぶんだれかが何かを新しくはじめたり、買ったりするのを見ると、なんだかこっちまでワクワクするんです。とくに買い物なんかは自分が買うより、人が買う方がワクワクするタイプです。

その延長線上のお話なんですが、気心の知れた人がなにか迷ってたりすると、ついいろいろ後押ししてしまうんですよね。

 

たとえば。

「ブログ始めたいなあと思ってて..」という友達には、「もういますぐ始めよ!まずnote登録しよ!」とすぐに始めさせたり..。

立ち寄った服屋さんでカバン買うのを迷ってたら「良いやん!いますぐ買おう!」と促したり..。

「海外行ったことないねんけどいつか行きたいなあ」という友達には、「今月パスポートとって、来月行こう!とりあえずインド行こう!」と海外デビューを猛プッシュしたり..。

 

いろんな気持ちが交錯するなか、「よしやろう、買おう、行こう」と決心するまでの様子を見ていると、こっちまでワクワクしてしまいます。

たとえ気心の知れた友達であっても、無責任に人にすすめてしまうのは申し訳ないなあと思いつつ、やっぱり楽しいんですよね。

だけどなんて言うんですか。その場のノリで思い切らないと、結局はじめなかったり、買わなかったり、行かなかったりすること、多いと思うんです。だからその場のノリも大事!

ちなみに僕は、まだちゃんとnoteを書いたことないし、ものを買うときは基本吟味するし、初の海外旅行でインドを考えたこともありません(もちろんすすめたい気持ちに嘘はない!)。

今日はこれにておしまい。
それではまた!