台湾で日本の運転免許証を切り替える方法【1日で完了】

台湾で日本の運転免許証を切り替える方法【1日で完了】
台湾では日本で取得した車の免許証があれば、無試験で台湾の免許証(普通自動車と小型バイク)に切り替えれる制度があります。

とくに台湾で車を乗ることはないんですが、いずれあると便利なときが来そうなので、僕も日本の運転免許証を台湾のもの(車とバイク)に切り替えてきました。

今回は、実際に僕が行った免許証切り替えの流れと、手続きに必要なものをまとめました。手順さえ把握してしまえば難しくなく、1日で変更することができるので、ぜひご参考ください。

日本の運転免許証を台湾の免許証に切り替える手順


日本の運転免許証を台湾の免許証に切り替えるまでの手順は、大きく3つステップがあります。必要なものがそれぞれ異なるので、各ステップごとに必要なものと手順をまとめました。
  1. 日本台湾交流協会に行き、運転免許証の中国語翻訳文を発行してもらう
  2. 所定の医療機関に行き、身体検査を受ける
  3. 臺北市區監理所に行き、台湾の運転免許証を発行してもらう

1日ですべて終えるには、それぞれの対応時間を把握したうえで時間との勝負になってくるので、順番に進めていきましょう。

①日本台湾交流協会に行き、運転免許証の中国語翻訳文を発行してもらう


まずは日本台湾交流協会に行き、運転免許証の切り替えに必要な「日本の運転免許証の中国語翻訳文」を発行してもらいます。その際に必要なものは下記となります。

日本の運転免許証の中国語翻訳文発行に必要なもの

  • 台湾の居留証(有効期限6ヶ月以上)
  • パスポート
  • 日本の運転免許証
  • 翻訳文交付手数料:800元

中国語翻訳文を発行してもらう手順


平日しか空いておらず、発行に1時間ほどかかるので、もし1日で運転免許証を切り替えたい場合は、平日の午前中早めに行くのがおすすめです。

▶Googleマップ:日本台湾交流協会

②所定の医療機関に行き、身体検査を受ける


つぎに、所定の医療機関に行き、台湾の運転免許証の手続きに必要な身体検査を受けます。その際に必要なものは下記となります。

身体検査に必要なもの

  • 台湾の居留証(有効期限6ヶ月以上)
  • 運転免許証の申請書(自動車:普通汽車駕駛執照登記書・バイク:機車駕駛執照登記書)
    台北市立聯合医院仁愛院区にもありますが、事前にこちらからダウンロードもできます
  • 証明写真 2枚(約2.5cm × 約3.0cm – 1吋 / 2年以内のもの)
    車とバイクの運転免許申請書で2枚、身体検査申請書で1枚必要です
  • 身体検査代:350元

身体検査を受ける手順


僕は、台北市立聯合医院仁愛院区に行ってきたので、そのときの様子をお伝えします。

まず、事前に証明写真が4枚ぐらい必要なので、ない場合は駅内の証明写真機で撮っておきましょう。ちなみに僕は松山駅構内の写真機で撮りました。
病院につくとまずは受付カウンターに行き、運転免許証用の身体検査を受けに来たと伝えます(中国語だと「我要辦理汽機車體檢」)。申請書を記載するよう案内されるので、運転免許証申請書の記載方法を聞き記入します。

運転免許証の申請書を事前に記載しておく場合は、こちらの「檔案下載」からダウンロードし、必要項目を記載したあと、証明写真も貼り付けておきましょう。事前に記載しておく箇所は、下記のとおりです。

内容を確認してもらいOKが出たら、受付に行き手続きが完了すれば、あとは身体検査を待つだけです。この病院は比較的人が多いので、所要時間は最大2時間見ておきましょう。

午前のみしか身体検査を行っていない病院が多いなか、午後もやっており、海外の方の対応にも慣れているのでおすすめです。

身体検査の内容としては、下記のことを行いました。
  • 身長体重測定
  • 血圧検査
  • 視力測定などの目の検査
  • 医者による病気やアルコール関連の質問

すべて終われば、再度受付に行き、金額を支払いして完了。身体検査の結果が記載された運転免許証の申請書を持って、つぎの免許センターに行きましょう。

ちなみに、台北市立聯合医院仁愛院区以外にも、運転免許証用の身体検査を行っている医療機関は、臺北市區監理所Webサイトにある台北の病院リストから確認できます。

ただ、午前中で診療時間が終わってしまう病院も多いので、今回は午後に診療が可能で、かつ免許センターにも近かった台北市立聯合医院仁愛院区を選びました。

▶Googleマップ:台北市立聯合医院仁愛院区

③臺北市區監理所に行き、台湾の運転免許証を発行してもらう

身体検査結果が書かれた運転免許証の申請書をもらった後は、臺北市區監理所に行き、台湾免許証を発行してもらいましょう。その際に必要なものは下記となります。

運転免許証切り替えに必要なもの

  • 日本の運転免許証
  • 運転免許証の申請書(身体検査の結果が記入済みのもの)
  • 日本の運転免許証の中国語翻訳文
  • 台湾の居留証(有効期限6ヶ月以上)
  • パスポート
  • 証明写真 2枚(約2.5cm × 約3.0cm – 1吋 / 2年以内のもの)
  • 免許証交付手数料:400元

運転免許証切り替えの手順


僕は台北市立聯合医院仁愛院区から、Youbikeで臺北市區監理所に行きました。その際の手続きの手順をご紹介します。

まず建物内部1Fの真ん中まで進んでいくと、階段があります。そこを上った先に、整理券発行機「取號機」があるので、駕照業務の整理券を取ります。

あとは2F駕照業務のカウンター前で待機し、番号が呼ばれたら「我要把日本駕照換台灣駕照」と伝え、必要なもの一式を提出しましょう。

あとは提出した書類を確認いただき、問題なければ支払い手続きを行い、そのまま台湾の運転免許証を発行してもらいます。時間はそこまでかかりません。

この際、車とバイクのふたつの免許証を申請している場合は、2枚運転免許証をもらいます。

以上ですべての手続きが完了です。

▶Googleマップ:臺北市區監理所

スポンサーリンク

最後に


ちなみに日本の免許証を台湾の免許証に切り替えると書きましたが、台湾の免許証は新しく発行されるような形になるので、日本の運転免許証はそのまま保持可能です。

一点注意点としては、免許証の切り替えで乗れるのは、車や50cc以下のバイクです。台湾で普及している125cc前後のバイクには乗れないので、ご注意ください。

平日休みをとって1日で取得できるので、台湾で車やシェアバイクを乗りたいと思っている方は、免許証の切り替えをご検討ください。