Vlogにおすすめの撮影機材【必需品から便利なもの15選】

Vlogにおすすめの撮影機材【必需品から便利なもの15選】
2021年7月31日
僕がふだんVlogの撮影に使用している撮影機材をまとめました。

もともと海外旅を撮りたいと始めたVlogなので、軽くてコンパクトかつ、極力持ち運び可能なものを厳選して使っています。

これから写真を本格的に撮りたい、Vlogなどの動画撮影を始めたいと思っている方の、機材選びの参考になれば嬉しいです。

Vlogにおすすめの撮影機材【必需品7選】


まずはVlog撮影の必需品を7つ紹介。

①カメラ


カメラは大きく2種類の用途で使い分けてます。
  1. 部屋での撮影やきれいな映像を撮りたいとき用のミラーレスカメラ
  2. 外での撮影で小回り良く素早く撮影したいとき用のポケットカメラ

そして主に使ってるカメラはこのふたつ。

FUJIFILM X-S10


映像がきれいなのはもちろん、コンパクトで持ち運びもしやすい。これからVlog始めたい方にもおすすめのカメラです。手ブレ補正がかなり効き、三脚なしで、手持ち撮影できるのも嬉しい。バリアングル液晶なので、自撮りもしやすいのでVlogに最適です。

▶写真とVlogの両立を目指して。FUJIFILM X-S10を買いました【レビューと作例】

DJI Pocket 2


手のひらサイズでかなりコンパクトなカメラ。ジンバルが付いてるので、手ブレなしで歩きながら撮影もできるのが最高です。ふだん外でミラーレスカメラを撮影してると、どうしてもひと目が気になってしまうので、より日常的なVlogを撮影する場合に、とても重宝しています。

②レンズ


単焦点レンズとズームレンズを、こんな感じで使い分けてます。
  • 単焦点レンズ:ボケ感のある映像を撮影したいときや、部屋で三脚に固定して撮影するとき
  • ズームレンズ:外での撮影で状況に応じて画角を変えたいとき、レンズ交換が面倒くさいとき

単焦点はボケ感が出やすい明るいレンズなので、主役を明確にした撮影をしたいときに使い、ズームは主にひとつのレンズで臨機応変に画角を変えて撮影したいときに使ってます。

FUJIFILM XF23mm F2 R WR


フルサイズ換算で35mm相当のレンズ。AFが早く、駆動音も静かなので、屋内の三脚固定撮影で使用。F2まであるので、ボケ感と明るさもある程度キープできるのがいいところ。

▶FUJIFILM XF23mm F2 R WR 1年使用レビュー。小さく軽く、テンポよく撮れる単焦点レンズ【作例あり】

FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WR


広角から望遠までいけるのが最大の利点。基本は35mmぐらいで撮影し、状況に応じて画角を変えてます。自撮りの際に広角にできるのが便利。

ちなみにこのレンズは、ズームレンズなのに単焦点レンズ並にきれいな映像が撮れるので、本格的な撮影に使うことが多いです。

ただこのレンズは重くて大きいので本格的な撮影用。ふだんは「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」も使ってます。

▶FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WR 半年使用レビュー。ズームの利便性と単焦点並みの描写が魅力のレンズ【作例あり】

③マイク


高価なものを最初から揃える必要はないですが、あると便利です。具体的になにが便利なのかというと…
  • 音がよりクリアに録れる(なので音に臨場感が出る)
  • 録りたい音や声にフォーカスして録れる
  • マイクによってはカメラから離れても録れるので、対談にも便利

きれいな音は撮れるのはもちろんなのですが、そちらのメリットよりは「録りたい音をしっかり録れる」のが大きなメリットです。

最近はカメラのマイクも優秀なので、まずはカメラのみで撮ってみる。それで必要だと判断してから買うのがいいと思います。

RODE VideoMicro 超小型コンデンサーマイク

Vloggerでも使ってる人が多いと思うんですが、値段的にもリーズナブルで外でも音がしっかり録れるのが良い。マイクはこだわれば良いものはたくさんありますが、ここから徐々に要望に応じてグレードアップしていくのが良いのかなと。

RODE Microphones Wireless GO II

これは対談やインタビューで便利なワイヤレスマイク。カメラから離れたところでもしっかり声を録ってくれ、2人の同時録音も可能なので、いろんな用途に使えそうです。僕は屋外の撮影であれば、これをメインに使おうかと思ってます。

三脚


屋内で固定撮影などする場合は必須のアイテム。三脚を購入する際のポイントはざっとこんな感じです。
  • ミラーレスカメラ+レンズを含めた総重量を難なく支えれるもの
  • 可能な限り軽くて持ち運びしやすいもの(撮影用途にもよる)
  • メインの三脚以外に、コンパクトな手持ち三脚もあれば便利

SIRUI T-005KX+C-10S

新卒の同期がプレゼントしてくれた三脚で、もうずっと使ってます。コンパクトで軽いんですが、ミラーレス程度なら十分支えてくれるので、屋内外問わず活躍中。

Leofoto MT-03+LH-25

まず見た目がかっこいい。そして見た目通りの堅牢さ。ここからどんどん拡張していけるのも、この三脚のポイント。また、なんといっても足がさらに伸びてくれるので、いろんなシーンで対応できます。

小さいので普段は手持ち三脚として活用したり、後述するミニ照明を取り付けて、サブの照明三脚としても活躍しています。

④照明


撮影でいちばん大切なのが「光」。屋内の撮影でも自然光があればいいんですが、自然光っていつでも出てるわけじゃないし、不安定なときもある。だからこそ、照明で光をつくることが必要になってきます。

メインの照明


執筆中。

Litra Pro

外での撮影用途で購入したライト。コンパクトで光量も申し分なし。ちょっとしたブツ撮りもいけます。大きな照明を持ち歩けない旅行時にも活躍中。

⑤ハードディスク / SDカード


データ保存の必須アイテム。とくにメーカーはどんなものでもいいですが、データは飛んだら即アウトなので、信頼性がありしっかり保証してくれるメーカーがいいです。購入のポイントはこんな感じ。
  • ハードディスクは壊れにくく、デザインがいいもの。4TB以上を購入
  • SDカードはそこそこ容量の多いものを複数購入

HDDは持ち歩くことはなく、基本は屋内のみで使ってます。持ち歩く場合は基本予備のSDカードのみ、長期の旅行の場合はSSDを検討しています。

G-DRIVE 4TB / 5TB

HDDっていろいろとあるんですが、これはコンパクトかつデザインが良くて気に入ってるもの。もう数年間ずっと使ってますが、まだ壊れたことはないです。4TBは写真保存用として、5TBは動画保存用として使ってます。基本持ち歩くことはなく、部屋での編集時に使用。

SanDisk Extreme PRO 64GB

動画は基本4Kは使わずFHDで撮影するので、いまのところ64GB複数持ちで足りてます。ただ、つぎカメラをアップグレードするタイミングで、128GBも買い足そうと思ってます。ちなみにDJI Pocket 2用に、micro SDカードタイプと半々で持ってます。

⑥MacBook Air M1

写真や動画の取り込み、編集時に必ず必要なもの。容量は1TBにしてるので、一時的なデータの保存場所としても利用してます。毎回できるかぎりフルスペックで買いたい。

⑦Final Cut Pro X


メインの動画編集ソフトは3つ「Adobe Premiere Pro・Final Cut Pro X・DaVinci Resolve」です。

全部使ってみた感想として、初心者の人が直感的に使いやすいのは、Final Cut Pro Xだと思いました。最終的には好みなので、まずはトライアル期間を試してみて、自分に合ったものを使うのがおすすめです。

▶Macで使えるおすすめの動画編集ソフトは3つだけ【VlogやYouTubeに向いてるソフトを解説】

スポンサーリンク

Vlogにおすすめの撮影機材【あると便利なもの7選】


つぎにVlog撮影であると便利なものを7つ紹介。

①K&F Concept 可変NDフィルター


普段のVlogではそこまで使わないのですが、意図的にシャッタースピード落として撮影するときに使ってます。可変式NDフィルターは基本高く、安いものは粗悪なものが多い。一方でこのメーカーのものは、リーズナブルだけど、黒のにじみもなく、クオリティが高くて気に入っています。

②a-mode カメラストラップ


ストラップは基本つけず、片手にずっと持ってるパターンが多いんですが、それでもやっぱり両手空けたいときってあります。そんなとき用につけてるストラップ。黒のストラップで90cmのすこし短めのストラップなんですが、使いやすくてかっこいい。

▶a-mode カメラストラップ ブラック 9mm

③DOMKE Protective Wrap


ちゃんとしたカメラケースは持たず、布でラップするタイプを使用。ちょっとした緩衝材にも使えて便利。

④防湿庫ケース

カメラとレンズ用にふたつ持ってます。以前は無印良品のトタンボックスを使用してたんですが、いまは簡易的な防湿庫で管理。カメラとレンズが多くなければ、まずは簡易的な管理で良いのかなと。

⑤Newmowa USB充電器

メーカー純正の充電器はメインで使わず、サードパーティ製のふたつまとめて充電できるものを使ってます。充電器は時間かかるので、とにかく複数個まとめてバッテリー充電できるものがおすすめ。

⑥携帯用メガネ拭き 14枚入り(無印良品)


不意にレンズに手垢がついてしまったり、ホコリがついてしまうことってあると思います。そんなときに使ってるのが無印良品のメガネ拭き。レンズをササッと拭くのに、めちゃくちゃ便利です。

▶携帯用メガネ拭き 14枚入り(無印良品)

⑦Zhiyun Weebill S

映像美を追求したCinematic Vlogを撮りたい場合は、あるとかなり撮影の幅が拡がります。ただ重いので、本格的な仕事などでしかあまり使ってません。

ちなみにこれを小さくしてカメラをくっつけたのが、上述したDJI Pocket2だと考えます。もしジンバルを使った撮影をしたいなら、まずはこちらを検討してみてもいいかもです。

スポンサーリンク

最後に


今回は僕のVlogの撮影機材まとめてみました。機材がアップグレードしていくたびに更新できればと思います。機材選びの参考になれば嬉しいです。