BOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン「QC 30」使い心地レビュー。

どうも、佐田真人(@mst727)です。

周囲の雑音を遮断し快適に聴けるノイズキャンセリング。コード不要でストレスフリーにつながるBluetooth。そして本体のバッテリーが長持ちであること。

そんないいとこ取りのイヤホンをずっと探していたのですが、ついに見つけました。それが「BOSE QuietControl 30」。

今週「なにかを身につけて気恥ずかしいと思ったのは久しぶりだっていうお話」を書いたのですが、つかい始めてちょうど一週間が経ち、いまではすっかり生活に馴染んでいます。

今日は一週間使ってみたレビューと称して、「BOSE QuietControl 30」のおすすめポイントとその特徴を、書いていこうと思います。

ワイヤレスとノイズキャンセリングの最強コンビ

まずは特筆すべき機能面から。

「ワイヤレス」と聞くと、本体との接続の悪さに不安を感じる方が多いと思うんですが、まったくその気配なし。イヤホンの電源を入れて、スマホのBluetoothをONにすると、すぐに接続することができます。

また、ノイズキャンセリング機能はBOSEが最も得意とするところ。

普通のイヤホンだと周りの雑音が邪魔をし、音量を上げないかぎり、まったく音が聞こえないんですよね。音楽だったらまだいいのですが、Podcastやオーディオブックを聴く人にとっては、致命的な問題。

そんな悩ましい問題を解決してくれるのが、BOSEのノイズキャンセリングなんです。

まわりの雑音がきれいにカットされ、イヤホンから流れる音に集中できます。また聴くシーンに応じてノイズカットのレベルを変えられるのも良い。

ノイズのカットレベルを調整することで、聞き逃したくない車内のアナウンスや外部の音も、しっかりとキャッチできるので安全に音を楽しめます。

ネックバンドの使い心地

BOSE QuietControl 30いちばんの特徴がネックバンド。ずっと使い心地が気になり悩んでいたのですが、使い始めてみると想像以上に快適に使用できました。

本体の重量が28.5gと軽く、首にかけていても、まったく負担を感じません。首からかけていても煩わしい感覚がないのが嬉しいところ。

購入する前は服によって掛けやすさや掛けにくさがあると思ったのですが、襟付きシャツやニットセーター、タートルネックでもうまくフィットしてくれました。

見た目については賛否両論さまざまな意見があると思うのですが、「ダサくもあり、かっこよくもある」と思うのが正直なところ。

身につけているひとにとっては、いかにもガジェット的に見えることもあるし、ファッショナブルなプロダクトに見えることもある。

それは「すこし先の感じがするもの」だからこそ、身に付ける人によって、好き嫌いが大きく分かれるアイテムだと感じました。

個人的にはブラックでマットな質感のBOSE QuietControl 30は、いまのところどんな服装にも馴染むので、すでにひとつのファッションアイテムとなりつつあります。

持ち運びが便利

「ネックバンド式なら持ち運びが不便なんじゃないか」と思われてる方も多いでしょう。Apple純正のイヤホンと比べると、折りたたむことができないので、すこしかさばってしまうのは確かです。

しかし専用のケースに入れて持ち運んだとしても、その軽さと薄さから、カバンにも問題なく収納できるレベルです。普段の持ち運びにはあまり心配いらないでしょう。

移動中は本体を首にかけて、専用のケースをカバンに入れておくというスタイルが、いいかもしれませんね。

購入する前に知っておきたい気になるポイント

使用しているなかで、すこし気になるポイントが2つ出てきたので、書いておきますね。

ひとつは充電ポートがチープなつくりであること。

ネックバンドと同じゴム素材でつくられているのですが、何回か開け閉めしてるとちぎれてしまうのでは、と思ってしまうすこし頼りないつくりだと感じました。

気になってしまう人は気になってしまうぐらいのことだと思いますが、もうすこししっかりとしたつくりでも良かったかなあという印象です。

もうひとつは、マフラーや首に巻くものを身につけていると、イヤホンの付け外しが煩わしいこと。

マフラーを巻いてからイヤホンを装着しようとすると、コードが耳に届く届かないのギリギリの長さなので難しい。

イヤホンを装着したあとにマフラーを巻くと解決するのですが、使用感的にはすこし使いづらく気になってしまいました。

個人的には移動中に使用することが多いので、そこまで大きな問題はないのですが、ネックバンドタイプのデメリットなのかなと。

とはいえ許容の範囲内かつ季節とシーンが限定されるので、あまりそこまで心配する必要はないのでご安心ください。

「BOSE QuietControl 30」は機能性とデザインのバランスが絶妙

ノイズキャンセリング機能を兼ね備えたイヤホンは、バッテリー部分がかさばってしまい、デザイン的にも残念なものが多いんです。それでワイヤレスとなると、選択肢が限られてきます。

そんななか「BOSE QuietControl 30」は、機能面・デザイン面ともに、絶妙な立ち位置にいるなあと感じます。

BOSE独特のイヤーピースの付け心地はもちろん、バッテリーの持続も10時間と抜け目ありません。ちなみに充電時間は約3時間なので、PCで作業している間にUSBで、気軽に充電することも可能。

個人的には移動中Podcastを聴くことが多いので、これからも使い続けるイヤホンになりそうです。新しいイヤホンの購入を検討されている方の、なにかしらの参考になれば嬉しいです。

 

 

今日はこれにておしまい。
それではまた!